スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

トゥロと黄金世代。
~'05年ドラフト組の大化けに期待~ 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2011/04/24 08:00

トゥロと黄金世代。~'05年ドラフト組の大化けに期待~<Number Web> photograph by Getty Images

昨年は自身初の3割をマーク(.315)、遊撃手としての評価も高いトゥロ

 まだ10分の1、というべきか。それとも、もう10分の1、というべきなのか。

 2011年の大リーグは、早くも先を読みづらい展開になっている。

 といっても、半数は順調に来ている。フィリーズ、レッズ、レンジャーズ、ヤンキースといった有力球団は着実に白星を積み重ね、貯金を増やす態勢を固めているのだ。

 だが、波瀾要因もはっきりと表面化した。

 ア・リーグでは、レッドソックスとツインズが大きく躓き、無印のインディアンズが絶好調だ。とくに、大本命と目されたレッドソックスの不調は眼を覆いたくなる。鍵を握ると思われた松坂とラッキーが乱調をきわめている上、打線もさっぱりふるわない。暖かくなればもう少しは打ち出すだろうが、14戦して4勝10敗の成績を予想した人はほとんどいなかったのではないか。

 ナ・リーグで目立つのは穴馬ロッキーズの躍進だ。15戦して12勝3敗。わけても4月中旬、メッツに4タテを食らわせたときは主砲トロイ・トゥロウィツキーが大爆発した。

トゥロが4試合で16打数10安打。4本塁打8打点5得点4四球の大爆発!!

 長い名前なので、アメリカの野球好きは彼を「トゥロ」と呼ぶことが多い。

 1984年10月、カリフォルニア州の生まれ。トゥロはこの4戦で全試合に本塁打を放った。これはメッツの本拠地シティ・フィールドが開場して以来の新記録である。いままでは、ゲイリー・シェフィールド、マーク・レイノルズ、デヴィッド・ライトの3試合連発が最多だった。

 トゥロは、4戦で16打数10安打と弾けた。加えていうなら、8打点、5得点、4四球の大暴れである。

 もともと固め打ちをする傾向はあったが(2010年の9月前半にも15試合で14本塁打と爆発した。その間のロッキーズは13勝2敗と快進撃をつづけた)、素質や年齢(26歳)からいっても、そろそろ大化けしておかしくない時期にさしかかっている。ナ・リーグMVPの有力候補と呼んでも、早とちりのそしりを受けることはないだろう。

 いや、そういいつつ、私の頭のなかではもうひとつの言葉が点滅をはじめている。

 2005年ドラフト組、という言葉だ。

【次ページ】 2005年ドラフト組の中からナ・リーグMVPが出るはず。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

トロイ・トゥロウィツキー
ライアン・ジンマーマン
ライアン・ブラウン
アレックス・ゴードン
コロラド・ロッキーズ

MLBの前後のコラム

ページトップ