SCORE CARDBACK NUMBER

突然引退したラミレス。
奔放な男の意外な一面。
~野球への姿勢と日本への愛着と~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2011/04/22 06:00

突然引退したラミレス。奔放な男の意外な一面。~野球への姿勢と日本への愛着と~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

キャリア最後のヒットは、2日のオリオールズ戦の8回に上原浩治から放った一打だった

 あまりに突然だった。8日、メジャー屈指の強打者、マニー・ラミレスの現役引退が、メジャーリーグ機構から発表された。通算19年間で555本塁打、2574安打、1831打点など、輝かしい記録を持つ名選手の進退が、自らの口からでも、所属球団のレイズからでもなく、事務局からほんの5行の文章でリリースされたこと自体、異例だった。

 レイズに移籍した今季、開幕から5試合でわずか1安打。打撃不振は明白だったが、引退の直接的な理由は、薬物使用だった。機構側の発表などによると、春季キャンプ中の薬物テストで禁止薬物の陽性反応が検出された。ラミレスはドジャース時代の'09年にも薬物使用で50試合の出場停止処分を受けた前歴があるため、2回目は100試合停止の厳罰を避けられず、本人が現役引退を受け入れたのだ。「寝耳に水」の一報に、レイズは「驚きと失望を禁じ得ない」との声明と、この件について今後は一切コメントしない意向を発表した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 499文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

欧州サッカー総力特集 名将が語るベストゲーム。

関連記事

マニー・ラミレス
タンパベイ・レイズ

MLBの前後の記事

ページトップ