SCORE CARDBACK NUMBER

飛ばし屋揃いの米国で
宮里藍が勝つ術は? 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2006/03/09 00:00

飛ばし屋揃いの米国で宮里藍が勝つ術は?<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

 米ツアーのテレビ中継を見ていた友人が、思わず「凄いねぇ」と驚嘆したシーンがあった。中継されていたのは、2月初旬のFBRオープン。画面では、J・B・ホームズという若いアメリカ人選手が、最終日17番ホール、332ヤードのパー4で、3番ウッドを使ってワンオンを果たしていた。ホームズの飛ばし屋っぷりは冴え渡っており、続く池越えの18番ホールでは、365ヤードの超ロングドライブをやってのけ、通算21アンダーで見事初優勝を成し遂げた。

 ケンタッキー出身、23歳のホームズは、今季から米男子ツアーに本格参加し、米ツアー史上「シーズン最速」(最短試合数4試合で達成)で獲得賞金100万ドルを突破した期待のルーキーである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 625文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[トリノ冬季五輪総集編]聖なる煌めき。
宮里藍

女子ゴルフの前後の記事

ページトップ