プロレス 

荒鷲二世、デビューはほろ苦いKO負け。

SCORE CARD

荒鷲二世、デビューはほろ苦いKO負け。

現実は厳しかった。仕事と格闘技の両立に挑んだ“荒鷲二世”坂口征夫(33・坂口道場)のプロデビュー戦は、111秒の惨めなKO… 続きを読む

門馬忠雄Tadao Monma

2007/05/17

愛すべきプロレスの原点、後楽園ホール45周年。

SCORE CARD

愛すべきプロレスの原点、
後楽園ホール45周年。

全日本初の試み、平日の東京・後楽園ホール5連戦。3月30日の'07チャンピオン・カーニバル最終戦、終わってみればV予想ではノ… 続きを読む

門馬忠雄Tadao Monma

2007/04/19

伝統の灯を消すな!「週刊ゴング」廃刊騒動。

SCORE CARD

伝統の灯を消すな!「週刊ゴング」廃刊騒動。

春の嵐では済まされない。筆者にとっては穏やかならざる出来事だ。ひな祭りの日に噴出したプロレス雑誌「週刊ゴング」の廃刊報道… 続きを読む

門馬忠雄Tadao Monma

2007/03/22

楽しみだった雪まつり、今年は行けずふと思う。

SCORE CARD

楽しみだった雪まつり、今年は行けずふと思う。

筆者は若い時分『どさ回りのモン』などと呼ばれた。プロレスの巡業で全国列車の旅にはまった記者だった。いまなお現役のつもりで… 続きを読む

門馬忠雄Tadao Monma

2007/02/22

新春から全日本で大暴れ、'07年プロレス界の主役。

SCORE CARD

新春から全日本で大暴れ、'07年プロレス界の主役。

「佐々木健介(40)、ただいまここに帰ってきました。今まで休んでいた分、'07年は思いっ切り走ります!」 左目眼窩底骨折で欠… 続きを読む

門馬忠雄Tadao Monma

2007/01/25

新日本と全日本が握手、歴史的合体の伏線。

SCORE CARD

新日本と全日本が握手、歴史的合体の伏線。

ドーム興行の休止を宣言して1年。来年創立35周年を迎える新日本プロレスが、武藤・全日本とシェイクハンド。新春恒例の1・4東… 続きを読む

門馬忠雄Tadao Monma

2006/12/21

幻の“二代目力道山”、大木金太郎さん逝く。

SCORE CARD

幻の“二代目力道山”、大木金太郎さん逝く。

昭和の名残りがまたポツリと消えた。'60年代から'70年代にかけて、ファンから“頭突きの金ちゃん”と親しまれた大木金太郎(本名… 続きを読む

門馬忠雄Tadao Monma

2006/11/23

藤波辰爾、52歳。「無我」にかける想い。

SCORE CARD

藤波辰爾、52歳。「無我」にかける想い。

「猪木さんの手のひらから逃げたのではなく、降りたんですよ」 錆びついたブランド、新日本を見切ったドラゴン藤波辰爾、52歳の… 続きを読む

門馬忠雄Tadao Monma

2006/10/26

大波乱にやられた!タイトル戦線異常あり。

SCORE CARD

大波乱にやられた!タイトル戦線異常あり。

地殻変動か、世代交代か。夏の終わりによもやのタイトル移動。秋のマットは早くも波乱含みのゴングである。 全日本では前例のな… 続きを読む

門馬忠雄Tadao Monma

2006/09/28

天山広吉「G1」優勝!でもその時会場は……。

SCORE CARD

天山広吉「G1」優勝!でもその時会場は……。

'06年の夏を制したのは、天山広吉(35)だった。リーグ戦の試合形式で初の完全優勝となった。 8・13東京・両国国技館のG1ク… 続きを読む

門馬忠雄Tadao Monma

2006/08/31

病床のあの男にもエール、高山善廣復帰の興奮。

SCORE CARD

病床のあの男にもエール、高山善廣復帰の興奮。

「生きてるよ!」 試合後、頭を氷で冷やしたノーフィアー・高山善廣(39)の第一声だ。707日ぶりの復帰戦はノアの7・16日本… 続きを読む

門馬忠雄Tadao Monma

2006/08/03

新日本再建の鍵は、都会の“小さな箱”。

SCORE CARD

新日本再建の鍵は、都会の“小さな箱”。

新日本がイベント会社にチケット販売運営を委託。実験的試みとして収容人員500人前後の小規模会場で、ハッスルやニューヨーク… 続きを読む

門馬忠雄Tadao Monma

2006/06/08

衝撃・秘伝書事件の“その後”。

プロレス重箱の隅

衝撃・秘伝書事件の“その後”。

本州の最果て、青森県。青森湾へ遠慮がちに突き出た夏泊半島を海沿いに駆け抜けていくと、そこに達人の館があった。うっそうと茂… 続きを読む

丸井乙生Itsuki Marui

2006/06/05

あらためて、永源遥にお詫びしたいあの事。

SCORE CARD

あらためて、永源遥にお詫びしたいあの事。

私事で恐縮です。「さて、どうしよう」。ノアの永源遥引退記念興行前に頭を抱えてしまった。脇役に徹して40年、1月11日に還暦を… 続きを読む

門馬忠雄Tadao Monma

2006/05/08

愛すべきドラゴンは今……。

プロレス重箱の隅

愛すべきドラゴンは今……。

ちょっと奥さん、聞きました?あの老舗がいろいろ大変らしいわよ。まあ、もともと人の入れ替わりが激しいところだったから。経営… 続きを読む

丸井乙生Itsuki Marui

2006/04/11

桜の季節にふと想う、プロレス界の人事異動。

SCORE CARD

桜の季節にふと想う、プロレス界の人事異動。

人事異動の春は悲喜交々。新日本を卒業した選手のほとんど(安沢明也を除く10人)が妻帯者であり、苦渋の決断を下した結果、皆フ… 続きを読む

門馬忠雄Tadao Monma

2006/04/06

新日を去る人、残る人、リニューアルなるか。

SCORE CARD

新日を去る人、残る人、リニューアルなるか。

婿殿サイモン・ケリー猪木氏が社長になってから急に新日本が遠くなった。筆者は今年、一度も目黒区青葉台の事務所に足を運んでい… 続きを読む

門馬忠雄Tadao Monma

2006/03/09

日本プロレスを語れる、最後のレスラーの引退。

SCORE CARD

日本プロレスを語れる、最後のレスラーの引退。

「もー、いいでしょう。疲れたよ」 “ツバ大王”の異名で人気のあったノアのほのぼのレスラー・永源遙が40年の選手生活を区切り… 続きを読む

門馬忠雄Tadao Monma

2006/02/09

小川直也が「プロレスラー」になった日。

プロレス重箱の隅

小川直也が「プロレスラー」になった日。

プロレスラーは、一体いつからプロレスラーとなりうるのだろうか。野球、サッカーなど他競技のように連盟、ライセンスが存在しな… 続きを読む

丸井乙生Itsuki Marui

2006/01/13

42回目の12月15日、また思い出すあの夜。

SCORE CARD

42回目の12月15日、
また思い出すあの夜。

卓上カレンダーの枚数が残り少ない。また今年も「12月15日」が過ぎた。 あなたは力道山をどのくらい知っているだろうか。暴漢の… 続きを読む

門馬忠雄Tadao Monma

2006/01/12

ページトップ