“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

U-20W杯に滑り込んだアタッカー。
G大阪・中村の「敬斗ゾーン」を見よ。

posted2019/05/16 18:00

 
U-20W杯に滑り込んだアタッカー。G大阪・中村の「敬斗ゾーン」を見よ。<Number Web> photograph by Takahito Ando

U-20W杯開幕前、国内最後の練習試合でフル出場した中村敬斗。見事なボレーを決め、アピールに成功した。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 諦めなかった。僅かなチャンスでも逃さないつもりだった――。

 5月23日に開幕するU-20W杯に出場するU-20日本代表の最終メンバーに選出されたガンバ大阪の若きアタッカー・中村敬斗は、精悍な表情で今年初となる日本代表のシャツを身に纏い、本番前の国内最後の試合となった流通経済大学との練習試合(13日)のピッチに立った。

 この試合は前日、前々日にJリーグでスタメン出場をした瀬古歩夢(C大阪)、鈴木冬一、齊藤未月(ともに湘南)、郷家友太(神戸)、藤本寛也(東京V)などが出場せず、Jリーグで出場機会が多くない選手で構成された。ピッチに立った11人にとっては、これから臨むU-20W杯に向けたチームづくりのためだけでなく、個々のコンディション向上、そしてアピールの場でもあった。

「(代表に)ギリギリで入ったことは承知の上で、覚悟を持ってこの試合に出た。形はどうであれ、最終メンバーに入ったので、他の選手とフラットとは言わないまでも、この試合が重要だということは理解していた。この試合でしっかりとアピールして、あとは本番を迎えるだけ。チャンスをものにしようと意欲的にやれたと思います」

 彼がこの世代の代表に入ったのは今年初。このチームのエース格だった久保建英と安部裕葵がコパ・アメリカの影響でメンバー外になったこともあり、中村が当落線上ギリギリからの抜擢となった。だからこそ、相当な覚悟を持ってこの練習試合に臨んでいた。

見事なボレー、ポジションも複数こなす。

 左サイドハーフとしてスタメン出場をした中村は、積極的な仕掛けと、フィニッシュ能力の高さをこの試合で披露した。

 1-0で迎えた34分に左サイドからDFラインの裏に走り込んだFW田川亨介に絶妙な浮き球のパスを送り、決定機を作ると、44分には右からのクロスをファーサイドで走りこみながらダイレクトボレー。2点目のゴールを突き刺した。

 後半はポジションを左から右サイドハーフに移すと、今度は右からドリブル突破と正確なラストパスを供給してチャンスを演出。DF三國ケネディエブスを前線に上げたパワープレーのテストでは右のインサイドハーフもこなした。1ゴールという結果だけでなく、この試合で複数のポジションをこなし、クオリティーの高さを示し、きっちりとアピールをすることができた印象だった。

 試合後、中村はいつもと変わらない淡々とした表情を見せたが、その言葉は節々に強烈な意志が込められていた。

「自チームで試合にあまり出ていないからということでのフル出場ですが、走ることができたし、ゴールを決めることができた。いいアピールにはなったと思います」

【次ページ】 U-17W杯で活躍、高3でプロに。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ガンバ大阪
中村敬斗

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ