クリスティアーノ・ロナウド スポーツ名言
クリスティアーノ・ロナウド 雑誌表紙

クリスティアーノ・ロナウド 

134件中 41 - 60件を表示
ストイチコフが語るネイマールの成熟。“ポストメッシ時代”はいつ来るか?

フランス・フットボール通信

ストイチコフが語るネイマールの成熟。
“ポストメッシ時代”はいつ来るか?

『フランス・フットボール』誌4月11日号の表紙はネイマールが飾っている。 続きを読む

フローラン・トルシュFlorent Torchut

2017/04/24

現ブラジル代表監督は史上最高?大連勝でW杯の悪夢を払拭中。

フランス・フットボール通信

現ブラジル代表監督は史上最高?
大連勝でW杯の悪夢を払拭中。

フランス・フットボール誌3月21日号は、エリック・フロジオ記者によるチッチ・ブラジル代表監督のインタビューを掲載している。2… 続きを読む

エリック・フロジオEric Frosio

2017/03/30

ジダン、監督という仕事を語る。「忍耐強く、人の話を聞くことを」

フランス・フットボール通信

ジダン、監督という仕事を語る。
「忍耐強く、人の話を聞くことを」

ジネディーヌ・ジダンが、『フランス・フットボール』誌が選ぶ2016年フランス最優秀監督に選出された。トップクラブを率いた経験… 続きを読む

ティエリー・マルシャン&フレデリック・エルメルThierry Marchand et Frederic Hermel

2017/01/23

源昌子の“すべらない”守備の話。スライディング無しで守る方法論。

サムライブルーの原材料

源昌子の“すべらない”守備の話。
スライディング無しで守る方法論。

すべらんなあ。「人志松本のすべらない話」ではないが鹿島アントラーズのセンターバック、昌子源を見ていると思わずそうつぶやい… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/01/08

“世界のレアル”とバロンドールの関係。ペレス会長、ロナウドの受賞を語る。

フランス・フットボール通信

“世界のレアル”とバロンドールの関係。
ペレス会長、ロナウドの受賞を語る。

ご存じのように、2016年の第61回バロンドールは、クリスティアーノ・ロナウドが4度目の受賞を果たした。ペレスが語っているよう… 続きを読む

フレデリック・エルメルFrederic Hermel

2017/01/08

なんかロナウド、たいしたことないね。~岡田武史は同調圧力にまるで呑まれない~

Before The Game

なんかロナウド、たいしたことないね。
~岡田武史は同調圧力にまるで呑まれない~

パリに本部を置く「国境なき記者団」は12月21日までに、2016年、取材中などに命を落としたジャーナリストの総数を「58人」と発表… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

有料

2017/01/01

「本気のレアル」を体感した鹿島。クラブW杯決勝、福西崇史が見た本質。

福西崇史の「考えるサッカー」

「本気のレアル」を体感した鹿島。
クラブW杯決勝、福西崇史が見た本質。

“レアルと戦える”だけでは満足せずに、本気で勝ちにいった。クラブW杯決勝、ピッチに立った鹿島の選手たちのモチベーションは… 続きを読む

福西崇史Takashi Fukunishi

2016/12/20

発言は優等生でも、あまりに魅力的。CWCの会見に溢れたジダンの“オーラ”。

欧州サッカーPRESS

発言は優等生でも、あまりに魅力的。
CWCの会見に溢れたジダンの“オーラ”。

現役時代のジネディーヌ・ジダンにボールが渡ると、まるでそこだけ時空が変わったように、球体はそれまでと違う転がり方をした。 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

2016/12/18

「電通とFIFA」という怪物を読む。W杯を巡るサッカービジネスの奥底。

書店員のスポーツ本探訪

「電通とFIFA」という怪物を読む。
W杯を巡るサッカービジネスの奥底。

1990年、高校生だった私はある日の深夜、たまたま海外サッカーの中継をNHKで見た。それがワールドカップイタリア大会の開幕戦、… 続きを読む

伊野尾宏之Hiroyuki Inoo

2016/12/15

シメオネの神通力は消えたのか。「攻めるアトレティコ」の勝算は?

スペインサッカー、美学と不条理

シメオネの神通力は消えたのか。
「攻めるアトレティコ」の勝算は?

まさかここまで一方的な展開となるとは。11月19日、ビセンテ・カルデロンで行われた今季1発目のマドリーダービーは、レアル・マ… 続きを読む

工藤拓Taku Kudo

2016/11/27

バロンドールは誰の手に。“情報戦”が激化中。~世界のジャーナリスト193人は誰を選ぶのか~

SCORE CARD

バロンドールは誰の手に。“情報戦”が激化中。
~世界のジャーナリスト193人は誰を選ぶのか~

NO SE LO MERECE(バロンドールには値しない)11月上旬、バルセロナの『スポルト』紙の1面に、クリスティアーノ・ロナウドの写真… 続きを読む

豊福晋Shin Toyofuku

有料

2016/11/22

点を取れずドリブルでも抜けない。31歳ロナウド、不調も続く特別扱い。

リーガ・エスパニョーラ最前線

点を取れずドリブルでも抜けない。
31歳ロナウド、不調も続く特別扱い。

第11節が終わり、'16-'17シーズンもまもなく中盤に差し掛かる。上位は案の定2強+アトレティコの優勝候補が占めているが、一方で… 続きを読む

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

2016/11/12

「本当のバロンドール」が帰ってきた。投票者が再びジャーナリストだけに。

ワインとシエスタとフットボールと

「本当のバロンドール」が帰ってきた。
投票者が再びジャーナリストだけに。

フランス現地時間の10月24日に、2016年のバロンドール候補30人が「フランスフットボール」誌上で発表された。 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2016/11/03

ロナウドとポルトガル、永遠の日。勝利に愛された泣き虫のエース。

欧州サッカーPRESS

ロナウドとポルトガル、永遠の日。
勝利に愛された泣き虫のエース。

涙に濡れるスーパースターを一羽の蝶が慰める。 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

2016/07/12

ハリルホジッチのEURO決勝展望。「フランスが負ければサプライズだ」

欧州サッカーPRESS

ハリルホジッチのEURO決勝展望。
「フランスが負ければサプライズだ」

マルセイユでの準決勝第2戦、ドイツ対フランスの試合は、ドイツがボールを支配してゲームを作ったが、試合に勝ったのはフランス… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2016/07/10

“なぜか決める”ミュラー不発が象徴。個の力が欠如したドイツEURO敗退。

欧州サッカーPRESS

“なぜか決める”ミュラー不発が象徴。
個の力が欠如したドイツEURO敗退。

フランス、ポルトガル、ウェールズとは異なり、ドイツが擁していなかったのが独力で敵の守備ブロックを突き崩し、フィニッシュま… 続きを読む

遠藤孝輔Kosuke Endo

2016/07/08

<動画あり>「弟はEURO優勝を目指せる」クリスティアーノ・ロナウドの兄を直撃!

Number Ex

<動画あり>「弟はEURO優勝を目指せる」
クリスティアーノ・ロナウドの兄を直撃!

5月中旬、クリスティアーノ・ロナウドの兄・ウーゴに会うために、マデイラ島フンシャルにある「ロナウド博物館」を訪ねた。Numbe… 続きを読む

竹澤哲Satoshi Takezawa

2016/06/18

敗退率83%を覆したレアルがCL4強。3得点ロナウド「最高の夜じゃない」。

サッカーの尻尾

敗退率83%を覆したレアルがCL4強。
3得点ロナウド「最高の夜じゃない」。

試合後の会見場で、ジダンは微笑んでいた。「いまさら何も言うことはないだろう? クリスティアーノは特別な選手。 続きを読む

豊福晋Shin Toyofuku

2016/04/13

盤石のバルサとレアルの狂騒。~4月2日クラシコで雌雄を決す!~

Sports Graphic Number

盤石のバルサとレアルの狂騒。
~4月2日クラシコで雌雄を決す!~

リーガを代表する2大人気クラブの明暗が分かれている。かつての英雄を監督に据えた“白い巨人”は、最強チームに一矢報いること… 続きを読む

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

2016/03/19

<独占インタビュー> イビチャ・オシムから日本へのメッセージ。~Rewrite the Rule~

Sports Graphic Number

<独占インタビュー> イビチャ・オシムから日本へのメッセージ。~Rewrite the Rule~

74歳になった今も全く変わらない、日本そしてサッカーへの愛情。日本を離れて早7年──。今、オシムの目に日本はどのように映る… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2016/01/13

ページトップ