著者プロフィール 

生島淳Jun Ikushima

1967年気仙沼生まれ。早大卒。NBAやMLBなど海外ものから、国内のラグビー、駅伝、野球など、全ジャンルでスポーツを追うジャーナリスト。小林信彦とD・ハルバースタムを愛する米国大統領マニアにして、カーリングが趣味(最近は歌舞伎に夢中)。著書に『エディー・ウォーズ』『エディー・ジョーンズとの対話 コーチングとは信じること」』『慶応ラグビー「百年の歓喜」』(文藝春秋)、『大国アメリカはスポーツで動く』(新潮社)、『監督と大学駅伝』(日刊スポーツ出版社)、『気仙沼に消えた姉を追って』(文藝春秋)、『箱根駅伝』『箱根駅伝 新ブランド校の時代』(ともに幻冬舎新書)、『人を育てる箱根駅伝の名言』(ベースボールマガジン社)など。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
生島淳とNumberのリオ五輪大予想。空前絶後の金メダルラッシュ!?

リオ五輪PRESS

生島淳とNumberのリオ五輪大予想。
空前絶後の金メダルラッシュ!?

今回、日本選手団が掲げた金メダルの目標は「14」。前回のロンドン大会は7個だったから(ボクシング1、体操1、レスリング4、柔道… 続きを読む

生島淳+Number編集部Jun Ikushima + Sports Graphic Number

2016/08/05

勝ち星よりも黒田博樹が誇る数字。日米通算「10000アウト」という勲章。

スポーツ・インテリジェンス原論

勝ち星よりも黒田博樹が誇る数字。
日米通算「10000アウト」という勲章。

ここ数年、年に何度か黒田博樹にロングインタビューしている。いつもいつも、簡潔に、時に情熱的に野球について語ってくれる。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2016/07/29

過去のデータを覆し続けるイチロー。42歳で果たした「V字回復」の裏側。

スポーツ・インテリジェンス原論

過去のデータを覆し続けるイチロー。
42歳で果たした「V字回復」の裏側。

Amazing! 今季のイチローの活躍ぶりを表現するには、この言葉がぴったりだ。42歳でこれだけの打撃技術を見せ、ヒットを量産した… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2016/07/03

レブロンこそ「スーパーヒューマン」。NBAファイナルで、常識は覆った。

スポーツ・インテリジェンス原論

レブロンこそ「スーパーヒューマン」。
NBAファイナルで、常識は覆った。

超人の前では、「常識」は通用しなかった。最終戦までもつれ込んだNBAファイナル、最後の最後に超人的な活躍を見せ、クリーブラ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2016/06/21

NBAファイナルを接戦にした超人の力。カリー、レブロンよりもアービング!

スポーツ・インテリジェンス原論

NBAファイナルを接戦にした超人の力。
カリー、レブロンよりもアービング!

ついに「超人」が覚醒した。しかも、ふたり揃って――。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2016/06/16

NBAファイナルが一方的な展開に。「超人」は「民主化」に勝てない?

スポーツ・インテリジェンス原論

NBAファイナルが一方的な展開に。
「超人」は「民主化」に勝てない?

ウォリアーズの「民主化」が止まらない! で、民主化って何? と問われれば、それはどの選手にもシュートチャンスがあること、… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2016/06/06

今季のNBAには一見の価値がある。カリー&カーが起こした「革命」とは?

スポーツ・インテリジェンス原論

今季のNBAには一見の価値がある。
カリー&カーが起こした「革命」とは?

物足りない。もっともっと今季のNBAは、日本で注目されるべきではないだろうか? 地上波のスポーツニュースは、一部の番組を除い… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2016/05/18

サンウルブズ、初勝利は最高の良薬。発案者エディーの志を今こそ考える。

スポーツ・インテリジェンス原論

サンウルブズ、初勝利は最高の良薬。
発案者エディーの志を今こそ考える。

入場者数は1万4千人ちょっと。気候は良くなっているのに、サンウルブズのこれまでのホームゲームと比べるとバックスタンドには空… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2016/04/26

北島康介の落選と、千葉すずの遺産。基準を明快に運用した水連に拍手を。

スポーツ・インテリジェンス原論

北島康介の落選と、千葉すずの遺産。
基準を明快に運用した水連に拍手を。

北島康介が日本選手権の100m平泳ぎで2位に入ったものの、オリンピックには派遣されないことが分かると、日本水泳連盟に抗議の電… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2016/04/18

氷の読み、正確性、第1エンド後攻。世界銀のカーリング女子は黄金時代。

スポーツ・インテリジェンス原論

氷の読み、正確性、第1エンド後攻。
世界銀のカーリング女子は黄金時代。

カーリングの世界選手権で、女子の日本代表、ロコ・ソラーレ北見が準優勝した。まさに快挙である。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2016/03/30

バレー部員の増加はあの漫画の影響!?中高の部活勢力図の変化を考える。

スポーツ・インテリジェンス原論

バレー部員の増加はあの漫画の影響!?
中高の部活勢力図の変化を考える。

年末から年始にかけては、怒涛の高校スポーツ・ラッシュである。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2016/01/18

混戦予想を覆した箱根圧勝の青学大。神野らが抜ける来年も強い層の厚さ。

スポーツ・インテリジェンス原論

混戦予想を覆した箱根圧勝の青学大。
神野らが抜ける来年も強い層の厚さ。

混戦になると思っていた。今年の箱根は、「山の神」神野大地が万全ではない以上、復路勝負になる――。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2016/01/06

高速展開の往路、重要さを増す復路。箱根駅伝、青学と東洋の戦略を予想!

箱根駅伝2016

高速展開の往路、重要さを増す復路。
箱根駅伝、青学と東洋の戦略を予想!

先日のコラムでは、ふたつのキーワードを提示した。序盤のスピード化に各校が対応して起こる「高速順応」と、往路で差がつかず復… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2015/12/24

箱根駅伝はいつもと様子が違う?変化を読み解く2つのキーワード。

箱根駅伝2016

箱根駅伝はいつもと様子が違う?
変化を読み解く2つのキーワード。

今回の箱根駅伝は、「2強」とも「3強」とも、あるいは「6強」とも言われている。きっと、どれも正しい。2強とは青山学院大と東洋… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2015/12/18

エディー・ジョーンズと秘密のホワイトボード。

Number Ex

エディー・ジョーンズと
秘密のホワイトボード。

「元気だった?」顔を合わせるなり、エディーさんは穏やかな表情で声をかけてくれた。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2015/12/10

彼女の人生とラグビーはどこで交差した?五輪決めたサクラセブンズの生き方。

スポーツ・インテリジェンス原論

彼女の人生とラグビーはどこで交差した?
五輪決めたサクラセブンズの生き方。

これほど異なった経歴の人たちが集まった代表も珍しい。11月29日、リオデジャネイロ・オリンピック出場を決めた女子7人制ラグビ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2015/12/02

男子に続き女子もリオ五輪の切符を!7人制ラグビー、決戦は28日中国戦。

スポーツ・インテリジェンス原論

男子に続き女子もリオ五輪の切符を!
7人制ラグビー、決戦は28日中国戦。

2016年のリオデジャネイロ・オリンピックから正式競技に採用されるラグビーのセブンズ(7人制ラグビー)。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2015/11/27

全日本を東洋が制し、箱根は混戦?本命はなお青学も、神野次第では……。

スポーツ・インテリジェンス原論

全日本を東洋が制し、箱根は混戦?
本命はなお青学も、神野次第では……。

全日本大学駅伝。初優勝を遂げた東洋大、酒井俊幸監督の優勝インタビューは予想していない展開になった。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2015/11/09

2020年、東京五輪は日本のランを変えるか?

私とDo 特別編

2020年、東京五輪は日本のランを変えるか?

5年後に迫った東京五輪。ランナーはどう五輪を迎えるべきか、ランとランナーを取り巻く環境は五輪後どう変わるのか――。'64年の… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2015/10/22

最後まで憎まれ役を買って出た、エディー・ジョーンズの「ジャパン愛」。

スポーツ・インテリジェンス原論

最後まで憎まれ役を買って出た、
エディー・ジョーンズの「ジャパン愛」。

たぶん、ジャーナリストになっていても、大成功を収めただろうと思う。エディー・ジョーンズがコラムの連載を持っていたとしたら… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2015/10/16

ページトップ