著者プロフィール 

池田博一Hirokazu Ikeda

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
小笠原満男が子供達に伝える自立心。「荷物ぐちゃぐちゃでもいいんだよ」

JリーグPRESS

小笠原満男が子供達に伝える自立心。
「荷物ぐちゃぐちゃでもいいんだよ」

「勉強しに行って来ます」8月5日、小笠原満男が自身初めてのアカデミー海外遠征に出発した。向かうは中国の上海。「YOUTH INTERN… 続きを読む

池田博一Hirokazu Ikeda

Jリーグ

2019/08/15

小笠原満男が子供達に伝える向上心。「柴崎選手は本気で取り組んでいたよ」

JリーグPRESS

小笠原満男が子供達に伝える向上心。
「柴崎選手は本気で取り組んでいたよ」

「パソコンってどうやるの? 年間でどういう活動をしていくのか、1枚にまとめて見せることになって。パソコンを使う勉強になる… 続きを読む

池田博一Hirokazu Ikeda

Jリーグ

2019/07/13

鹿島が鬼門とするACLラウンド16。三竿、優磨が求める「もっと我を」。

JリーグPRESS

鹿島が鬼門とするACLラウンド16。
三竿、優磨が求める「もっと我を」。

「2018年のACLラウンド16では、内容自体はそれほど良くないなか、なんとか突破したいという“強い思い”が結果につながった。そ… 続きを読む

池田博一Hirokazu Ikeda

Jリーグ

2019/06/17

鹿島・伊藤翔が欠かさぬ予習と反復。「カバーニ先生」に学び、実践する。

JリーグPRESS

鹿島・伊藤翔が欠かさぬ予習と反復。
「カバーニ先生」に学び、実践する。

一度だけでなく、二度やればより頭に残る。予習の大切さは、学生時代によく聞かされてきたことだろう。これを実践するかしないか… 続きを読む

池田博一Hirokazu Ikeda

Jリーグ

2019/04/19

ゴミ拾い、挨拶、感謝。得点を呼ぶ鹿島・鈴木優磨の“ふだんの行い”。

JリーグPRESS

ゴミ拾い、挨拶、感謝。得点を呼ぶ
鹿島・鈴木優磨の“ふだんの行い”。

つくづく「見た目とは違う男だなあ」と思う。金髪、ガニ股、ピッチでは目をぎらつかせ、闘争心を全面に出して戦う。その姿を見る… 続きを読む

池田博一Hirokazu Ikeda

Jリーグ

2018/12/31

2年前、柴崎岳も感じた「なるほど」。レアル戦が鹿島にもたらすきっかけ。

JリーグPRESS

2年前、柴崎岳も感じた「なるほど」。
レアル戦が鹿島にもたらすきっかけ。

2016年12月18日。Jリーグ王者の鹿島アントラーズが欧州王者のレアル・マドリーから金星をもぎ取りかけた、クラブW杯決勝が行われ… 続きを読む

池田博一Hirokazu Ikeda

Jリーグ

2018/12/18

鹿島ACL先勝はボランチの妙にあり。三竿健斗が記した2戦目への誓い。

JリーグPRESS

鹿島ACL先勝はボランチの妙にあり。
三竿健斗が記した2戦目への誓い。

ボランチ。ポルトガル語で「ハンドル」を意味する言葉だ。アントラーズの守備的MFの2人が、まさにその言葉通りに攻守の舵取り役… 続きを読む

池田博一Hirokazu Ikeda

Jリーグ

2018/11/05

鹿島スタジアムキャンプに潜入取材。ピッチ上に泊まり、星を眺めてみた。

JリーグPRESS

鹿島スタジアムキャンプに潜入取材。
ピッチ上に泊まり、星を眺めてみた。

2018年、平成最後の夏。鹿島アントラーズは、8月11日から12日にかけてクラブ初となるスタジアムキャンプを実施した。家族連れを… 続きを読む

池田博一Hirokazu Ikeda

Jリーグ

2018/10/31

鹿島帰還のジーコが求める自覚。見守り刺激を与える「七味唐辛子」。

JリーグPRESS

鹿島帰還のジーコが求める自覚。
見守り刺激を与える「七味唐辛子」。

8月4日、合流初日。練習前に監督、コーチ、選手の前で言葉をかけた。「1位以外は意味がない」 続きを読む

池田博一Hirokazu Ikeda

Jリーグ

2018/08/23

<鹿島同期入団の絆>柴崎岳と昌子源へ。土居聖真からの伝言。

Sports Graphic Number Special

<鹿島同期入団の絆>柴崎岳と昌子源へ。土居聖真からの伝言。

7年前に鹿島でプロとしての第一歩を踏み出した柴崎岳、昌子源の2人が、ロシアの地で躍動した。その姿を日本から見守った同期・土… 続きを読む

池田博一Hirokazu Ikeda

Jリーグ

有料

2018/07/11

植田直通、身体能力任せからの脱却。傾けるようになった耳とガラガラ声。

サッカー日本代表PRESS

植田直通、身体能力任せからの脱却。
傾けるようになった耳とガラガラ声。

武闘派。植田直通を評するとき、必ずついて回る言葉の1つだろう。「1対1は僕の強み。相手をおさえ切ることが何よりの楽しみ」試… 続きを読む

池田博一Hirokazu Ikeda

サッカー日本代表

2018/05/31

鹿島の窮地を救うのは、鈴木優磨!?「ブーイングがないのは心に来る」

JリーグPRESS

鹿島の窮地を救うのは、鈴木優磨!?
「ブーイングがないのは心に来る」

ピッチの中と外で、これほど表情が異なる選手も珍しい。ピッチの中では、最前線から相手DFを追いかけてチェイシング、マイボール… 続きを読む

池田博一Hirokazu Ikeda

Jリーグ

2018/05/04

鹿島・三竿健斗の指標であり続ける土肥洋一からのロシアW杯への金言。

JリーグPRESS

鹿島・三竿健斗の指標であり続ける
土肥洋一からのロシアW杯への金言。

ときに指針となる言葉に出会うことがある。鹿島アントラーズの三竿健斗にとっての“それ”は、高校3年の夏。ブラジル・ワールド… 続きを読む

池田博一Hirokazu Ikeda

Jリーグ

2018/04/05

鹿島復権への相棒は最強の芝生。構想6年、ターフプロジェクトって?

JリーグPRESS

鹿島復権への相棒は最強の芝生。
構想6年、ターフプロジェクトって?

「いい色してるねえ!」鹿島アントラーズにとって、2018シーズンのホーム開幕戦となった3月3日のガンバ大阪戦、キックオフ直前の… 続きを読む

池田博一Hirokazu Ikeda

Jリーグ

2018/03/08

鹿島名物「食肉のモツ煮」物語。連覇の瞬間は極上の1杯とともに。

JリーグPRESS

鹿島名物「食肉のモツ煮」物語。
連覇の瞬間は極上の1杯とともに。

「はい、お待ち!」ネギを自分の裁量で投入し、七味をかける。箸を割ってフーフーフー。一口含むと思わずため息と合わせて白い息… 続きを読む

池田博一Hirokazu Ikeda

Jリーグ

2017/11/25

鹿島で丸刈り流行、発端は曽ヶ端準。あらゆるエピソードが男気だらけ。

JリーグPRESS

鹿島で丸刈り流行、発端は曽ヶ端準。
あらゆるエピソードが男気だらけ。

鹿島アントラーズで“丸刈り”になる選手が続出している。 続きを読む

池田博一Hirokazu Ikeda

Jリーグ

2017/10/14

ページトップ