著者プロフィール 

平松さとしSatoshi Hiramatsu

1965年、東京都出身。日本大学獣医学部中退後、'88年から専門紙『ケイシュウNEWS』でトラックマン、'97年からフリー。国内の競馬場やトレセンは勿論、海外の取材も精力的に行ない、'98年に日本馬として初めて海外GIを制したシーキングザパールを始め、ほとんどの日本馬の海外GI勝利に立ち会う。著書に『栄光のジョッキー列伝』『凱旋門賞に挑んだ日本の名馬たち』『世界を制した日本の名馬たち』他、多数。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
  • rss
香港カップの総賞金は約4億円!ディアドラら日本馬もチャンス。

競馬PRESS

香港カップの総賞金は約4億円!
ディアドラら日本馬もチャンス。

今週末は2歳牝馬のGI阪神ジュベナイルフィリーズが行われるが、注目レースはそれだけではない。海の向こうの香港では4つの国際レ… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/12/07

ルメールが語る'05年の有馬記念。最強ディープにあった「隙」とは。

Sports Graphic Number

ルメールが語る'05年の有馬記念。
最強ディープにあった「隙」とは。

今年、秋のGI戦線で圧巻の4勝(秋華賞、菊花賞、秋の天皇賞、ジャパンカップ)を挙げ、リーディング争いでも首位を独走するクリ… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/12/06

アーモンドアイ、まずドバイ照準。国枝師が考える凱旋門賞への戦略。

競馬PRESS

アーモンドアイ、まずドバイ照準。
国枝師が考える凱旋門賞への戦略。

アーモンドアイがまたも快挙を成し遂げた。2分20秒6というおそろしく速いレコードタイムで東京競馬場の2400mを駆け抜け、ジャパ… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/11/30

GIの登竜門、東スポ杯2歳Sを制したニシノデイジーとオーナーの執念。

競馬PRESS

GIの登竜門、東スポ杯2歳Sを制した
ニシノデイジーとオーナーの執念。

11月17日、東京競馬場で東京スポーツ杯2歳S(GIII)が行われ、ニシノデイジー(牡、美浦・高木登厩舎)が優勝した。 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/11/22

アーモンドアイが最強馬へ進化中。ルメールも「JC、自信あります」。

競馬PRESS

アーモンドアイが最強馬へ進化中。
ルメールも「JC、自信あります」。

11月15日、早朝の美浦トレーニングセンター。前日の朝は栗東トレセンで顔を合わせたクリストフ・ルメール騎手の姿がそこにあった… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/11/16

世界中の競馬ファンが熱狂する、メルボルンカップの悲喜こもごも。

競馬PRESS

世界中の競馬ファンが熱狂する、
メルボルンカップの悲喜こもごも。

11月の第1火曜日の午後3時。オーストラリアでは特別な意味を持つ時間だ。この日、同国のヴィクトリア州は祝日である。その名も「… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/11/09

レイデオロに天皇賞をもたらした、藤沢和雄とルメールの“勝負勘”。

競馬PRESS

レイデオロに天皇賞をもたらした、
藤沢和雄とルメールの“勝負勘”。

67歳。定年まで3年少々となった藤沢和雄調教師が元気だ。10月27、28日の2日間に計7頭の管理馬を出走させた伯楽は、レイデオロで… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/11/02

日本馬が南半球最大の祭典に参戦。優勝で5億8000万円のメルボルンC。

競馬PRESS

日本馬が南半球最大の祭典に参戦。
優勝で5億8000万円のメルボルンC。

10月20日、オーストラリア、メルボルン地区にあるコーフィールド競馬場でコーフィールドC(GI・オーストラリア、芝2400m)が行わ… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/10/26

アパパネに続き、アーモンドアイで牝馬3冠達成した国枝調教師の手腕。

競馬PRESS

アパパネに続き、アーモンドアイで
牝馬3冠達成した国枝調教師の手腕。

異変が起きたのは彼女が改めて女王として君臨した十数分後の事だった。現場を目撃したカメラマンや記者の多くは「脚元の故障?」… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/10/19

武豊騎手JRA通算4000勝の快挙は、凱旋門賞のフランスでも大きな話題。

競馬PRESS

武豊騎手JRA通算4000勝の快挙は、
凱旋門賞のフランスでも大きな話題。

9月29日の阪神競馬でJRA通算4000勝を達成した武豊騎手。ひと息つく間もなくフランスへ飛んだことは先週の当コラムでも記した通り… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/10/12

武豊、4000勝達成から凱旋門賞へ。「挑戦、勝つ事がモチベーション」

競馬PRESS

武豊、4000勝達成から凱旋門賞へ。
「挑戦、勝つ事がモチベーション」

9月29日の阪神競馬場。第10レースの芦屋川特別をメイショウカズヒメが優勝。騎乗していた武豊騎手にとっては、この勝利がJRA通算… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/10/05

藤沢和雄調教師とダービーの再遭遇。レイデオロはまだ終わっていない。

競馬PRESS

藤沢和雄調教師とダービーの再遭遇。
レイデオロはまだ終わっていない。

藤沢和雄が厩舎を開業したのは1988年。その翌年の'89年には早くも日本ダービーに出走馬を送り込んでいる。 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/09/28

クリンチャー&武豊、仏での前哨戦。「あくまで凱旋門賞が本番なので」

競馬PRESS

クリンチャー&武豊、仏での前哨戦。
「あくまで凱旋門賞が本番なので」

日本馬の海外挑戦が盛んになってどのくらい経つだろう。私が海外取材を始めた1990年代はまだ今ほど当たり前ではなかった。大一番… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/09/21

「重賞レベルなら日本馬の方が上」海外遠征の変化と武豊が語る評価。

競馬PRESS

「重賞レベルなら日本馬の方が上」
海外遠征の変化と武豊が語る評価。

日本馬の海外遠征が特別なものでなくなってどのくらい経つだろう。1990年代以前は海外遠征となれば大きなニュースとなり、陣営も… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/09/14

一度は競馬に反発した幼少期を経て、親子2代で夢を繋ぐ手塚貴久調教師。

競馬PRESS

一度は競馬に反発した幼少期を経て、
親子2代で夢を繋ぐ手塚貴久調教師。

1964年9月20日生まれだから間もなく54歳となるのが手塚貴久調教師だ。手塚が生まれ育ったのは栃木県足利市。彼の父親・佳彦は、… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/09/07

今やJRAを背負う名手ルメール。アマから始まり日本で成功の軌跡。

競馬PRESS

今やJRAを背負う名手ルメール。
アマから始まり日本で成功の軌跡。

8月25、26日、札幌競馬場でワールドオールスタージョッキーズ(以下、WASJ)が行われた。世界中から6名、地方競馬から1名、さら… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/08/31

武豊とデムーロが2度目の優勝狙う!世界の名手が集うWASJ、その歴史。

競馬PRESS

武豊とデムーロが2度目の優勝狙う!
世界の名手が集うWASJ、その歴史。

今週末、札幌競馬場ではワールドオールスタージョッキーズ(以下、WASJ)が開催される。 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/08/24

武豊、欧州遠征で世界選抜主将に。アクシデントも海外挑戦は続く。

競馬PRESS

武豊、欧州遠征で世界選抜主将に。
アクシデントも海外挑戦は続く。

現地時間8月11日、イギリス、アスコット競馬場でシャーガーCが行われた。シャーガーCが行われるのは毎年8月中旬の土曜日。世界中… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/08/17

騎手22年目・秋山真一郎の忠実さ。武豊の美しいフォームのように。

競馬PRESS

騎手22年目・秋山真一郎の忠実さ。
武豊の美しいフォームのように。

短距離戦とは思えないくらい引っ張ったままで先行勢をマークする。「なぜかずっとよい手応えでした」 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/08/10

武豊を尊敬するジョアン・モレイラ。マジックマンは通年免許を目指す!

競馬PRESS

武豊を尊敬するジョアン・モレイラ。
マジックマンは通年免許を目指す!

「コンニチハ!」たどたどしい日本語で挨拶をする。それに続く言葉は全て英語だ。「日本語は勉強しているけど、難しい」と嘆く。 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/08/03

1 2 3 NEXT >>

ページトップ