著者プロフィール 

平松さとしSatoshi Hiramatsu

1965年、東京都出身。日本大学獣医学部中退後、'88年から専門紙『ケイシュウNEWS』でトラックマン、'97年からフリー。国内の競馬場やトレセンは勿論、海外の取材も精力的に行ない、'98年に日本馬として初めて海外GIを制したシーキングザパールを始め、ほとんどの日本馬の海外GI勝利に立ち会う。著書に『栄光のジョッキー列伝』『凱旋門賞に挑んだ日本の名馬たち』『世界を制した日本の名馬たち』他、多数。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
弱い体質、遅いデビューからGI馬に。インティと武豊の丁寧な出世街道。

競馬PRESS

弱い体質、遅いデビューからGI馬に。
インティと武豊の丁寧な出世街道。

2月17日、東京競馬場で行われたフェブラリーS(GI、ダート1600m)。今年、最初となるJRAのGIレースを制したのは武豊騎手騎乗の1… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2019/02/22

2歳王者をねじ伏せた秀逸な末脚。ダノンキングリーは関東の星だ。

競馬PRESS

2歳王者をねじ伏せた秀逸な末脚。
ダノンキングリーは関東の星だ。

2歳のGIホース、すなわちアドマイヤマーズとサートゥルナーリアが一歩リードしていたと思えた今年の3歳牡馬クラシック戦線。 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2019/02/15

出遅れて、早めに先頭に立って完勝。東京新聞杯でマイル戦線に新星登場。

競馬PRESS

出遅れて、早めに先頭に立って完勝。
東京新聞杯でマイル戦線に新星登場。

2月3日、東京競馬場で行われた東京新聞杯を勝利したのはインディチャンプ(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)だった。 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2019/02/08

藤田菜七子が乗り替わりGI初騎乗。名手マーフィーから学べること。

競馬PRESS

藤田菜七子が乗り替わりGI初騎乗。
名手マーフィーから学べること。

「藤田菜七子騎手のGI初騎乗が実現!!」1月28日のスポーツ新聞各紙にはそんな見出しが躍った。騎乗するのは前日にフェブラリーSの… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2019/02/01

シャケトラと角居調教師、石橋脩。それぞれ逆境を乗り越えた復活劇。

競馬PRESS

シャケトラと角居調教師、石橋脩。
それぞれ逆境を乗り越えた復活劇。

1月20日。中京競馬場で行われた第36回東海S(GII)を1番人気に推されたインティが優勝。手綱をとった武豊騎手は前人未踏のJRA33… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2019/01/25

父の涙を見て騎手になった男の物語。丸山元気、2018年に続き絶好調。

競馬PRESS

父の涙を見て騎手になった男の物語。
丸山元気、2018年に続き絶好調。

1月12日、中山競馬場でフェアリーS(GIII)が行われ、フィリアプーラ(牝3歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)が優勝した。騎乗したのは丸… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2019/01/18

武豊が'19年開幕週6勝と絶好調。天才騎手の技術は今も衰え知らず。

競馬PRESS

武豊が'19年開幕週6勝と絶好調。
天才騎手の技術は今も衰え知らず。

2019年の中央競馬は例年通り1月5日に幕を開けた。中山競馬場では中山金杯、京都競馬場では京都金杯といった重賞がそれぞれ行われ… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2019/01/11

アーモンドアイ年度代表馬は堅い?2018年のJRA各賞を予想してみた。

競馬PRESS

アーモンドアイ年度代表馬は堅い?
2018年のJRA各賞を予想してみた。

2019年の競馬が幕を開けるのを前に、2018年の競馬を簡単に振り返りつつ、間もなく発表されるJRA賞(記者クラブ所属の競馬記者の… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2019/01/04

「ユタカが上手い。それに尽きる!」仏重賞制覇だけじゃない武豊の功績。【2018年 競馬部門1位】

競馬PRESS

「ユタカが上手い。それに尽きる!」
仏重賞制覇だけじゃない武豊の功績。
【2018年 競馬部門1位】

2018年、NumberWebで人気を集めたベスト記事セレクションを発表します。競馬部門の第1位はこちら! 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/12/30

武豊「思い出に残る有馬記念です」オジュウチョウサンが見せた奮闘。

競馬PRESS

武豊「思い出に残る有馬記念です」
オジュウチョウサンが見せた奮闘。

12月23日、中山競馬場で行われた第63回有馬記念(GI、芝2500m)を制したのは池添謙一騎手の乗るブラストワンピース(牡3歳、美浦… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/12/28

牡馬に挑んだグランアレグリアに、藤沢調教師が見出す「光るモノ」。

競馬PRESS

牡馬に挑んだグランアレグリアに、
藤沢調教師が見出す「光るモノ」。

12月16日、阪神競馬場で朝日杯フューチュリティS(GI)が行われた。2歳のトップホース決定戦となるこのレースで、1番人気に支持… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/12/21

日本馬の海外GI、今年は勝利できず。香港国際の3つの2着に感じた無念。

競馬PRESS

日本馬の海外GI、今年は勝利できず。
香港国際の3つの2着に感じた無念。

12月9日、香港沙田競馬場で行われた4つの国際レース。これに9頭の日本調教馬が出走したが、残念ながら先頭でゴールを切る馬は現… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/12/14

香港カップの総賞金は約4億円!ディアドラら日本馬もチャンス。

競馬PRESS

香港カップの総賞金は約4億円!
ディアドラら日本馬もチャンス。

今週末は2歳牝馬のGI阪神ジュベナイルフィリーズが行われるが、注目レースはそれだけではない。海の向こうの香港では4つの国際レ… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/12/07

ルメールが語る'05年の有馬記念。最強ディープにあった「隙」とは。

Sports Graphic Number

ルメールが語る'05年の有馬記念。
最強ディープにあった「隙」とは。

今年、秋のGI戦線で圧巻の4勝(秋華賞、菊花賞、秋の天皇賞、ジャパンカップ)を挙げ、リーディング争いでも首位を独走するクリ… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/12/06

アーモンドアイ、まずドバイ照準。国枝師が考える凱旋門賞への戦略。

競馬PRESS

アーモンドアイ、まずドバイ照準。
国枝師が考える凱旋門賞への戦略。

アーモンドアイがまたも快挙を成し遂げた。2分20秒6というおそろしく速いレコードタイムで東京競馬場の2400mを駆け抜け、ジャパ… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/11/30

GIの登竜門、東スポ杯2歳Sを制したニシノデイジーとオーナーの執念。

競馬PRESS

GIの登竜門、東スポ杯2歳Sを制した
ニシノデイジーとオーナーの執念。

11月17日、東京競馬場で東京スポーツ杯2歳S(GIII)が行われ、ニシノデイジー(牡、美浦・高木登厩舎)が優勝した。 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/11/22

アーモンドアイが最強馬へ進化中。ルメールも「JC、自信あります」。

競馬PRESS

アーモンドアイが最強馬へ進化中。
ルメールも「JC、自信あります」。

11月15日、早朝の美浦トレーニングセンター。前日の朝は栗東トレセンで顔を合わせたクリストフ・ルメール騎手の姿がそこにあった… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/11/16

世界中の競馬ファンが熱狂する、メルボルンカップの悲喜こもごも。

競馬PRESS

世界中の競馬ファンが熱狂する、
メルボルンカップの悲喜こもごも。

11月の第1火曜日の午後3時。オーストラリアでは特別な意味を持つ時間だ。この日、同国のヴィクトリア州は祝日である。その名も「… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/11/09

レイデオロに天皇賞をもたらした、藤沢和雄とルメールの“勝負勘”。

競馬PRESS

レイデオロに天皇賞をもたらした、
藤沢和雄とルメールの“勝負勘”。

67歳。定年まで3年少々となった藤沢和雄調教師が元気だ。10月27、28日の2日間に計7頭の管理馬を出走させた伯楽は、レイデオロで… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/11/02

日本馬が南半球最大の祭典に参戦。優勝で5億8000万円のメルボルンC。

競馬PRESS

日本馬が南半球最大の祭典に参戦。
優勝で5億8000万円のメルボルンC。

10月20日、オーストラリア、メルボルン地区にあるコーフィールド競馬場でコーフィールドC(GI・オーストラリア、芝2400m)が行わ… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2018/10/26

1 2 3 NEXT >>

ページトップ