著者プロフィール 

工藤拓Taku Kudo

1980年、東京生まれの神奈川育ち。桐光学園高-早稲田大学文学部卒。幼稚園のクラブでボールを蹴りはじめ、大学時代よりフットボールライターを志す。'06年よりバルセロナ在住。現在はサッカーを中心に欧州のスポーツ取材に奔走しつつ、執筆、翻訳活動を続けている。生涯現役を目標にプレーも継続。自身が立ち上げたバルセロナのフットサルチームは活動10周年を迎えた。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
スペインの緩すぎるドーピング事情。サッカー界は潔白を強調するが……。

スペインサッカー、美学と不条理

スペインの緩すぎるドーピング事情。
サッカー界は潔白を強調するが……。

コラム本文に先立ち、東日本を襲った大地震に対するスペイン国内の反応について報告したい。13日に行われたスペイン1部リーグ第2… 続きを読む

工藤拓Taku Kudo

海外サッカー

2011/03/25

バルサとセスクの相思相愛が解消!?急成長する19歳、新鋭チアゴの存在。

スペインサッカー、美学と不条理

バルサとセスクの相思相愛が解消!?
急成長する19歳、新鋭チアゴの存在。

「バルサが強すぎると、それはそれでネタがなくて困る」 リーガ記録の勝点99を叩きだした昨季を上回るペースで首位を独走する今… 続きを読む

工藤拓Taku Kudo

海外サッカー

2011/02/24

バルサとレアルを除いた“首位”は?バレンシアとエメリ監督の現在と未来。

スペインサッカー、美学と不条理

バルサとレアルを除いた“首位”は?
バレンシアとエメリ監督の現在と未来。

バルセロナ、レアル・マドリーとその他18チームの格差が年々広がっているリーガ・エスパニョーラは、そのうちセルティックとレン… 続きを読む

工藤拓Taku Kudo

海外サッカー

2011/01/31

<< BACK 1 2 3 4 5 6 7

ページトップ