著者プロフィール 

カナ一覧
組織別
カタカナ検索  

原悦生Essei Hara

1955年茨城県生まれ。早大卒。16歳からプロレスを撮り始める。スポニチの写真記者を経て、1986年からフリーランス。アントニオ猪木とイラク、キューバ、北朝鮮など世界中を旅した。サッカーではUEFAチャンピオンズリーグの常連で、ワールドカップは8回取材している。プロレスの著書には「猪木の夢」「INOKI」「Battle of 21st」などがある。国際スポーツ記者協会(AIPS)会員。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
内藤哲也「一番対戦したいのは飯伏幸太」 ホワイトの“権利証騒動”で東京ドーム連続防衛戦を要求

プロレス写真記者の眼

内藤哲也「一番対戦したいのは飯伏幸太」 ホワイトの“権利証騒動”で東京ドーム連続防衛戦を要求

IWGPヘビー級とインターコンチネンタルの2冠王者・内藤哲也は2021年1月4日と5日に開催される新日本プロレス「WRESTLE KINGDOM 15… 続きを読む

原悦生Essei Hara

プロレス

2020/11/09

ナゾの“モンゴリアン”がオカダ・カズチカを突き落とす? 怪力怪奇派グレート-O-カーンの実力は

プロレス写真記者の眼

ナゾの“モンゴリアン”がオカダ・カズチカを突き落とす? 怪力怪奇派グレート-O-カーンの実力は

スーツ姿の異様な風貌の男が、両国国技館のリングに姿を現したのは、10月16日だった。 続きを読む

原悦生Essei Hara

プロレス

2020/10/29

飯伏幸太が史上3人目のG1クライマックス連覇! 「ボロボロ」の体で宣言「IWGPを取って『神』に」

プロレス写真記者の眼

飯伏幸太が史上3人目のG1クライマックス連覇! 「ボロボロ」の体で宣言「IWGPを取って『神』に」

新日本プロレス30回目のG1クライマックスに優勝したのは飯伏幸太。飯伏は昨年の優勝に続く連覇だ。過去にG1を連覇したことがある… 続きを読む

原悦生Essei Hara

プロレス

2020/10/20

「甘くはなかった」オカダ浮上! 内藤に危機? SANADAの大逆転も…大混戦のG1クライマックス最終章

プロレス写真記者の眼

「甘くはなかった」オカダ浮上! 内藤に危機? SANADAの大逆転も…大混戦のG1クライマックス最終章

新日本プロレスのG1クライマックスは10月11日の名古屋大会(ドルフィンズアリーナ=愛知県体育館)終了時点で、A、Bブロックとも7… 続きを読む

原悦生Essei Hara

プロレス

2020/10/12

オカダ・カズチカは立ち上がれる?  飯伏幸太は「本当の神に」G1クライマックスA組は大混戦!

プロレス写真記者の眼

オカダ・カズチカは立ち上がれる? 飯伏幸太は「本当の神に」G1クライマックスA組は大混戦!

新日本プロレスのG1クライマックス・Aブロックは9月30日の後楽園ホールまでに4試合ずつを消化して、飯伏幸太、ウィル・オスプレ… 続きを読む

原悦生Essei Hara

プロレス

2020/10/02

内藤哲也、3冠へG1クライマックス開幕2連勝 棚橋に「背中が遠い」と言わせた男の夢

プロレス写真記者の眼

内藤哲也、3冠へG1クライマックス開幕2連勝 棚橋に「背中が遠い」と言わせた男の夢

9月19日に大阪で開幕した新日本プロレス、30回目のG1クライマックスは24日、札幌で4大会目を終えた。エントリーされている20選手… 続きを読む

原悦生Essei Hara

プロレス

2020/09/26

史上初、秋のG1クライマックス大予想! 本命はオカダ・カズチカだが、気になる“執念の男”

プロレス写真記者の眼

史上初、秋のG1クライマックス大予想! 本命はオカダ・カズチカだが、気になる“執念の男”

30回目のG1クライマックスは夏ではなく秋の開催だ。これは新型コロナ・ウィルスの影響ではなく、この夏に開催されるはずだった東… 続きを読む

原悦生Essei Hara

プロレス

2020/09/18

オカダ再び乱心。「KOPW」って何?猪木と国際軍以来の1vs.3戦の思惑。

プロレス写真記者の眼

オカダ再び乱心。「KOPW」って何?
猪木と国際軍以来の1vs.3戦の思惑。

オカダの個人タイトルだから……百歩譲って提唱者であるオカダにその運用の決定権は委ねるとして、新日本プロレスにおける「1vs.… 続きを読む

原悦生Essei Hara

プロレス

2020/08/21

息子と同じ33歳差の初シングル対決。武藤敬司が清宮海斗に伝えたもの。

プロレス写真記者の眼

息子と同じ33歳差の初シングル対決。
武藤敬司が清宮海斗に伝えたもの。

8月10日、横浜文化体育館。武藤敬司の得意技「ドラゴンスクリュー(ヒザを巻き込む足殺し)」を清宮海斗が防いだとき、会場から… 続きを読む

原悦生Essei Hara

プロレス

2020/08/11

2本のベルトはEVILに貸してただけ!?内藤哲也、神宮球場でタイトル奪還へ。

プロレス写真記者の眼

2本のベルトはEVILに貸してただけ!?
内藤哲也、神宮球場でタイトル奪還へ。

「最近よく正義って言葉を使っているようだけれど、正義って言ってみたり、ダークネスって言ってみたり、もしかしてEVIL、迷って… 続きを読む

原悦生Essei Hara

プロレス

2020/07/28

悪の王者EVILの相棒、ディック東郷。ナマハゲからゲバラまでの“謎の50歳”。

プロレス写真記者の眼

悪の王者EVILの相棒、ディック東郷。
ナマハゲからゲバラまでの“謎の50歳”。

引退後、ベトナムに移住して、プロレスのスクールやベトナム初のプロレス団体を作ったのも、ゲバラの「第2、第3のベトナムを作る… 続きを読む

原悦生Essei Hara

プロレス

2020/07/24

内藤哲也でもオカダでもなかった……。裏切り者・EVILがIWGP新王者に!

プロレス写真記者の眼

内藤哲也でもオカダでもなかった……。
裏切り者・EVILがIWGP新王者に!

「勝つためには何でもやるって言っただろう。史上初の3冠王だ。何が何でも優勝すると言っていたろう。全部、オレが仕組んだ。バ… 続きを読む

原悦生Essei Hara

プロレス

2020/07/13

オカダ・カズチカがなぜ古臭い技を!?“コブラクラッチ”の先のIWGPと猪木。

プロレス写真記者の眼

オカダ・カズチカがなぜ古臭い技を!?
“コブラクラッチ”の先のIWGPと猪木。

オカダは、7月11日のニュージャパンカップ決勝戦の翌12日の内藤とのIWGP戦を頭に描いているはずだ。今、オカダの腰にベルトはな… 続きを読む

原悦生Essei Hara

プロレス

2020/07/07

アントニオ猪木「延髄斬り」の美学。天井裏からみたプロレス芸術の快感。

プロレス写真記者の眼

アントニオ猪木「延髄斬り」の美学。
天井裏からみたプロレス芸術の快感。

「延髄斬り」(延髄蹴り)は今では多くのレスラーが使う技の1つだ。でも、元祖であるアントニオ猪木のそれは一味も二味も違った… 続きを読む

原悦生Essei Hara

プロレス

2020/07/05

“呪われたIWGP”が持つロマン。プロレス界の栄枯盛衰を映す鏡。

プロレス写真記者の眼

“呪われたIWGP”が持つロマン。
プロレス界の栄枯盛衰を映す鏡。

ホーガンが猪木を鉄柱にぶつけようとすると……そこにいた長州力が猪木にラリアットをぶち込んだ。さらに、長州はホーガンにもラ… 続きを読む

原悦生Essei Hara

プロレス

2020/06/29

あのとき猪木の舌は出ていなかった。大どんでん返しのIWGP決勝戦秘話。

プロレス写真記者の眼

あのとき猪木の舌は出ていなかった。
大どんでん返しのIWGP決勝戦秘話。

世間では「舌出し失神事件」と言われているけれど、実は、この時点で猪木の舌が出ていたわけではないのである。リング上に押し上… 続きを読む

原悦生Essei Hara

プロレス

2020/06/28

巨大な米組織を超え世界一を目指した。アントニオ猪木の夢、IWGPの原点。

プロレス写真記者の眼

巨大な米組織を超え世界一を目指した。
アントニオ猪木の夢、IWGPの原点。

「チャンスが与えられないなら、作ればいい」それがIWGP構想のスタートだった。モハメド・アリ戦で生じた18億円ともいわれた巨額… 続きを読む

原悦生Essei Hara

プロレス

2020/06/27

新日本プロレスがついに再始動!7月に有観客2連戦、その戦略とは?

プロレス写真記者の眼

新日本プロレスがついに再始動!
7月に有観客2連戦、その戦略とは?

棚橋弘至「大会の中止が発表される度に、とても悲しく辛い思いをボクたちもしてきました。再開がもっと後になるんじゃないかなと… 続きを読む

原悦生Essei Hara

プロレス

2020/06/09

プロレスは市民に必要不可欠か?フロリダ州知事の特別許可で論争。

プロレス写真記者の眼

プロレスは市民に必要不可欠か?
フロリダ州知事の特別許可で論争。

フロリダ州政府が、同州オーランドにパフォーマンスセンターを有する世界最大のプロレス団体WWEを「Essential Business=公益に… 続きを読む

原悦生Essei Hara

プロレス

2020/05/05

ライガー、Jrヘビーでの世界的活躍!1994年に伝説となった、あの大会。

プロレス写真記者の眼

ライガー、Jrヘビーでの世界的活躍!
1994年に伝説となった、あの大会。

さまざまな団体から集まった14選手が、一夜で繰り広げた13試合は、いまだに語り継がれている伝説となった。それは同時に、ライガ… 続きを読む

原悦生Essei Hara

プロレス

2020/04/27

1 2 3 4 5 6 7 NEXT >>

ページトップ