著者プロフィール 

佐藤俊Shun Sato

1963年、北海道生まれ。青山学院大学経営学部卒業後、出版社を経て'93年、フリ-ランスとして独立。「Number」を始め、各種雑誌、新聞に寄稿。サッカ-を中心にジャンルを問わない、断らないがポリシ-。鎌倉在住で、ケアリ-・レイシェルを愛し、オフは由比ケ浜で波乗りか鎌倉山でトレイルランをしている。著書は、「中村俊輔リ・スタ-ト」「稲本潤一1979-2002」(文芸春秋)、「宮本恒靖 主将戦記」「高原直泰 ゴ-ルゲ-ト」(小学館)、「サッカ-ライタ-になりたい」(ぴあ)など他著書あり。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
「コパは経験しに行く場ではない」三好康児の野心家ぶりが頼もしい。

話が終わったらボールを蹴ろう

「コパは経験しに行く場ではない」
三好康児の野心家ぶりが頼もしい。

いつも話をしていて思うのだが、横浜F・マリノスの三好康児は腹の底にグツグツと煮えたぎるような大きなエネルギーを抱えている… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2019/06/12

マリノスのクリリンことマルコスは、トップ下で気円斬のような切れ味。

話が終わったらボールを蹴ろう

マリノスのクリリンことマルコスは、
トップ下で気円斬のような切れ味。

「クリリン」の愛称で人気のマルコス・ジュニオールがピッチで「かめはめ波」を放ちまくっている。今シーズン、14節まで全試合に… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2019/06/04

調子乗り世代の顔、安田理大。新天地・千葉でもギラギラする。

話が終わったらボールを蹴ろう

調子乗り世代の顔、安田理大。
新天地・千葉でもギラギラする。

序盤戦、ファン・エスナイデル監督の解任などもあり、現在14位ともうひとつ浮上のキッカケを掴めないでいる千葉。J2暮らしが今年… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2019/05/29

ガンバの希望をつないだ3人の若者。高江・高尾・福田が得た自信と勝利。

話が終わったらボールを蹴ろう

ガンバの希望をつないだ3人の若者。
高江・高尾・福田が得た自信と勝利。

ガンバ大阪は18日の第12節、セレッソ大阪との大阪ダービーを制し、8試合ぶりに勝利した。降格圏から脱する14位に順位を上げたが… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2019/05/21

小林祐希、中島翔哉らと通ずるもの。東京V藤本寛也がU-20W杯で輝く理由。

話が終わったらボールを蹴ろう

小林祐希、中島翔哉らと通ずるもの。
東京V藤本寛也がU-20W杯で輝く理由。

東京ヴェルディは、かつては育成王国と言われ、今もその伝統が受け継がれている。過去には菊原志郎、財前宣之ら天才と言われた選… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2019/05/15

風間グランパス好調に吉田豊あり。駆け引きだけで奪う守備を習得中。

話が終わったらボールを蹴ろう

風間グランパス好調に吉田豊あり。
駆け引きだけで奪う守備を習得中。

名古屋グランパスは、4日の第10節・湘南ベルマーレ戦で1-1の引き分けに終わった。それでも6勝2分2敗で、2位を堅持。首位を走るF… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2019/05/05

「強くていやらしい鹿島」はどこへ。内田篤人の不在が響く勝負勘の乱調。

話が終わったらボールを蹴ろう

「強くていやらしい鹿島」はどこへ。
内田篤人の不在が響く勝負勘の乱調。

鹿島サポーターからのブーイングが止まらない。平成時代最後のリーグ戦、鹿島アントラーズは横浜F・マリノスに2-1の逆転負けを… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2019/04/29

好調トリニータの追い風となるか。FWオナイウ阿道に本格覚醒の予感。

話が終わったらボールを蹴ろう

好調トリニータの追い風となるか。
FWオナイウ阿道に本格覚醒の予感。

現在4位と好調な大分トリニータにあって攻撃陣を引っ張っているのが、もっか6得点で得点王争いのトップ走る藤本憲明だ。だが、ガ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2019/04/26

安部裕葵がU-20W杯で狙うもの。欧州移籍と「満男さんの代」越え。

話が終わったらボールを蹴ろう

安部裕葵がU-20W杯で狙うもの。
欧州移籍と「満男さんの代」越え。

ポーランドで5月から開催されるU-20W杯に向け、国内合宿が終わった。久保建英をはじめ、数人がチーム事情で参加ができないメンバ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2019/04/20

“とにかく仕掛ける”相馬勇紀。凸凹2トップは名古屋の武器になる?

話が終わったらボールを蹴ろう

“とにかく仕掛ける”相馬勇紀。
凸凹2トップは名古屋の武器になる?

相馬勇紀をより活かすにはどうすべきか――。相馬は名古屋の中で流れを変えられる唯一の選手であり、可能性が感じられる選手だ。 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2019/04/16

大久保嘉人はまだ終わっていない。今季“0点”でも笑顔でプレーする理由。

話が終わったらボールを蹴ろう

大久保嘉人はまだ終わっていない。
今季“0点”でも笑顔でプレーする理由。

ジュビロ磐田が湘南に勝って、ようやく今シーズン初勝利を挙げた。13位に順位を上げたが、まだ低空飛行を続けているチームと同様… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2019/04/09

堂安律が苦しむ大迫不在時の連動性。「翔哉君が持った時のタイミングが」

話が終わったらボールを蹴ろう

堂安律が苦しむ大迫不在時の連動性。
「翔哉君が持った時のタイミングが」

物足りない――。コロンビア戦を含めた2試合、個人としてもチームとしても満足できない。ボリビア戦後、珍しく「短い時間で」と… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2019/03/29

川崎、ミシャ札幌育ちの三好康児。マリノスで生まれた底知れぬ自信。

話が終わったらボールを蹴ろう

川崎、ミシャ札幌育ちの三好康児。
マリノスで生まれた底知れぬ自信。

ここ2年、チームを変える度に成長し、凄みを増している選手がいる。21歳の三好康児だ。 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2019/03/24

遠藤保仁「左サイドに偏っても」宮本恒靖監督とガンバの模索は続く。

話が終わったらボールを蹴ろう

遠藤保仁「左サイドに偏っても」
宮本恒靖監督とガンバの模索は続く。

宮本恒靖監督にとっては会心の勝利だったはずだ。 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2019/03/18

J開幕3戦、未だ得点ゼロの鳥栖。空回りする攻撃陣に光明はあるか?

話が終わったらボールを蹴ろう

J開幕3戦、未だ得点ゼロの鳥栖。
空回りする攻撃陣に光明はあるか?

サガン鳥栖に“初日”が出ない。 第3節のFC東京戦に2-0で敗れ、これで開幕から3連敗、最下位に沈んでいる。 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2019/03/12

三好康児はマリノスでもう不可欠。右から崩し、すぐ奪い返す先鋒役。

話が終わったらボールを蹴ろう

三好康児はマリノスでもう不可欠。
右から崩し、すぐ奪い返す先鋒役。

三好康児がキラ星の如く輝きを増している。 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2019/03/04

相手の研究が進化するミシャ2年目。札幌はこの宿命をどう解決するか。

話が終わったらボールを蹴ろう

相手の研究が進化するミシャ2年目。
札幌はこの宿命をどう解決するか。

湘南ベルマーレと北海道コンサドーレ札幌という明確なスタイルを持つチーム同士の対決は、Jリーグ開幕に相応しい注目の好カード… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2019/02/26

ミシャ「カウンターは仕方ない」それでも札幌は攻めて優勝を目指す。

話が終わったらボールを蹴ろう

ミシャ「カウンターは仕方ない」
それでも札幌は攻めて優勝を目指す。

昨シーズン、4位とクラブ史上最高順位を達成した北海道コンサドーレ札幌。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督(通称ミシャ)の標榜す… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2019/02/19

コンサドーレ躍進の理由と2019年。主力とベテランが離脱する影響は?

話が終わったらボールを蹴ろう

コンサドーレ躍進の理由と2019年。
主力とベテランが離脱する影響は?

リーグ戦4位。シーズン前、今季のコンサドーレ札幌のここまでの躍進を予想できた人は、どのくらいいただろうか。シーズン前、こ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2018/12/27

ギリギリでJ1に生き残った名古屋。52得点59失点をどう考えるか。

話が終わったらボールを蹴ろう

ギリギリでJ1に生き残った名古屋。
52得点59失点をどう考えるか。

2-2で試合が終わった後、スタジアムは凪ぎのようにシーンとなった。その時点で「プレーオフを戦わなければならない」と玉田圭司… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2018/12/03

ページトップ