著者プロフィール 

佐藤俊Shun Sato

1963年、北海道生まれ。青山学院大学経営学部卒業後、出版社を経て'93年、フリ-ランスとして独立。サッカ-、陸上を中心にジャンルを問わない、仕事は断らないがポリシ-。波乗りとマラソンを愛す。著書は、「稲本潤一1979-2002」「宮本恒靖 学ぶ人」(文藝春秋)、「箱根0区を駆ける者たち」(幻冬舎)、「箱根奪取」(集英社)など著者多数あり。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
仙台に帰ってきた西村拓真の現在地。Uターンは意外と難しいが、希望も。

話が終わったらボールを蹴ろう

仙台に帰ってきた西村拓真の現在地。
Uターンは意外と難しいが、希望も。

前半27分、松下佳貴へのスルーパスは絶妙で、トラップがうまくできていれば1点もののパスだった。動き出しのタイミングも絶妙だ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2020/07/07

本田、柿谷を支え、青森山田も支援。バランススタイルとサッカーの関係。

話が終わったらボールを蹴ろう

本田、柿谷を支え、青森山田も支援。
バランススタイルとサッカーの関係。

スタート時に一緒に立ちあがった本田は、成長して世界レベルのスター選手になった。それはバランススタイルにとって今も大きな刺… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

海外サッカー

2020/07/01

1年で戦力外の元プロ選手が開発、サッカー選手専門マッチングサイト。

話が終わったらボールを蹴ろう

1年で戦力外の元プロ選手が開発、
サッカー選手専門マッチングサイト。

「PLAYMAKER」という、サッカー選手とクラブを結ぶマッチングサイトがある。同サイトは2015年にスタートし、現在は高校生からプ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2020/06/19

伊藤美誠と中国選手の本当の距離は?松崎コーチが語る転機と金メダル。

卓球PRESS

伊藤美誠と中国選手の本当の距離は?
松崎コーチが語る転機と金メダル。

「前は、『どうしたらいい?』というのが多かったですが、今は『こう思うけど、どうかな?』という感じですね。美誠が考えている… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

卓球日本代表

2020/06/07

伊藤美誠を支える松崎太佑コーチ。「美誠が100%なら誰にも負けない」

卓球PRESS

伊藤美誠を支える松崎太佑コーチ。
「美誠が100%なら誰にも負けない」

「美誠の卓球は、格上に勝つチャンスがあるけど、格下に取りこぼしもあるというスタイルなんです。実際、中国人以外の選手や相性… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

卓球日本代表

2020/06/07

「スーパーサッカー」元Pが語る。終了危機、ライバル、YouTube。

話が終わったらボールを蹴ろう

「スーパーサッカー」元Pが語る。
終了危機、ライバル、YouTube。

生放送はいろんなことが起こる。それはスーパーサッカーも例外ではないようで元プロデューサーの名鏡康夫氏も「たくさんありまし… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2020/05/24

「スーパーサッカー」27年の歴史。なぜMCは徳永英明、加藤浩次に?

話が終わったらボールを蹴ろう

「スーパーサッカー」27年の歴史。
なぜMCは徳永英明、加藤浩次に?

幾多の番組終了の危機を乗り越え、今も走り続ける「スーパーサッカー」の歴史とその魅力について、25年間、番組に携わり、プロデ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2020/05/24

「やべっちF.C.」の19年と未来。「Jリーグにこれからも恩返しを」

話が終わったらボールを蹴ろう

「やべっちF.C.」の19年と未来。
「Jリーグにこれからも恩返しを」

企画の面白さ、そして長年Jリーグを含め日本サッカー界への貢献が評価されて、2018年、矢部氏はJリーグアウォーズのMVPのプレゼ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2020/05/10

「やべっちF.C.」が19年続く理由。リフティング、デジっち誕生の裏話。

話が終わったらボールを蹴ろう

「やべっちF.C.」が19年続く理由。
リフティング、デジっち誕生の裏話。

「やべっちF.C.」の名物と言えば、数々の印象的な企画だろう。選手と鍋を囲んで語り合う「なべっちF.C.」、国内外の選手からリフ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2020/05/10

MGCは日本マラソンの何を変えたか。瀬古利彦が語る影響、箱根との関係。

オリンピックPRESS

MGCは日本マラソンの何を変えたか。
瀬古利彦が語る影響、箱根との関係。

我々は自分たちの業界で自己満足するんじゃなく、みなさんに楽しんでもらって、マラソン選手になりたいなとか、そういう夢や影響… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

マラソン

2020/05/05

瀬古利彦が語るMGC成功の理由。長期的な練習、1億円、一発勝負。

オリンピックPRESS

瀬古利彦が語るMGC成功の理由。
長期的な練習、1億円、一発勝負。

「MGCがスタートした2017年の時点から、大迫選手や設楽悠汰選手が東京五輪に向けてマラソンの準備をしてくれた。これが非常に大… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

マラソン

2020/05/05

小野、高原、稲本を追う日々の終焉。ドキュメンタリー番組の終わり方。

話が終わったらボールを蹴ろう

小野、高原、稲本を追う日々の終焉。
ドキュメンタリー番組の終わり方。

2019年8月、フジテレビの能智大介氏は、13年ぶりに「ワールドカップをめぐる冒険」の撮影を始めた。これが「最終章」と決めたエ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

サッカー日本代表

2020/04/29

小野、高原、稲本を撮り続けた男。フジテレビ能智氏が捧げた19年間。

話が終わったらボールを蹴ろう

小野、高原、稲本を撮り続けた男。
フジテレビ能智氏が捧げた19年間。

3月29日「ワールドカップをめぐる冒険~小野、高原、稲本~黄金世代に居場所はあるのか」がBSフジで放映された。小野伸二、高原… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

サッカー日本代表

2020/04/29

箱根に関東インカレ中止の影響は?出雲や全日本は主力不在の可能性も。

箱根駅伝PRESS

箱根に関東インカレ中止の影響は?
出雲や全日本は主力不在の可能性も。

これから夏合宿を含め、練習環境などで大学間に大きな格差が生じ、選手のパフォーマンスにかなりの影響が出た場合、レースにおけ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

駅伝

2020/04/08

5月9日のJ再開が難しければ大胆に。4カ月間ショートリーグ制の提案。

話が終わったらボールを蹴ろう

5月9日のJ再開が難しければ大胆に。
4カ月間ショートリーグ制の提案。

5月のリスタートが難しいと判断した時は、思い切って大胆な大会方式の変更に転じてもいいのではないか。 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2020/04/02

箱根経験者が席巻するマラソン界。急激なレベルアップはなぜ起きた?

箱根駅伝PRESS

箱根経験者が席巻するマラソン界。
急激なレベルアップはなぜ起きた?

3年前、青学大の箱根優勝タイムは10時間57分39秒だった。それが2019年は、東海大が10時間52分09秒の大会新で優勝した。そして202… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

マラソン

2020/03/29

駅伝のない春、大学陸上部は何を?意外に重要な「トラックシーズン」。

箱根駅伝PRESS

駅伝のない春、大学陸上部は何を?
意外に重要な「トラックシーズン」。

トラックシーズンは、個人種目への集中であり、個人の結果を求める時期だ。また、自らの成長や伸び代をレースで感じることができ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

駅伝

2020/03/15

五輪サッカーは本番直前が勝負。親善試合中止はシリアスではない。

話が終わったらボールを蹴ろう

五輪サッカーは本番直前が勝負。
親善試合中止はシリアスではない。

OAの選手の影響力は大きく、OAを使用したチームは概ねこの傾向がみられる。それが本格的なチーム作りが始まるのは、本大会ギリギ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

サッカー日本代表

2020/03/12

大迫傑が貫いた最強の「自分目線」。日本記録を生んだのはブレない心。

オリンピックPRESS

大迫傑が貫いた最強の「自分目線」。
日本記録を生んだのはブレない心。

大迫は、いつも「自分目線」でレースを展開する。ライバルを気にせず、常に自分が一番で走れるように集中しているのだ。それを追… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

マラソン

2020/03/02

東京マラソンは勝敗の前にタイム!大迫傑の2時間5分50秒は切れるのか。

オリンピックPRESS

東京マラソンは勝敗の前にタイム!
大迫傑の2時間5分50秒は切れるのか。

レース当日の気象条件にも左右されるだろうが、願わくば日本記録を更新し、圧倒的な強さを見せた選手が東京行の最後の切符を手に… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

マラソン

2020/02/27

『宮本恒靖 学ぶ人』

「Amazon」で購入

文藝春秋BOOKS

『宮本恒靖 学ぶ人』

日本代表主将が語るリーダー論、サッカー論

トルシエ、ジーコ監督の下、日韓、ドイツW杯を戦った日本代表キャプテン。引退を決意した彼が語る、チームリーダーとして学んだこ

<本体1,200円+税/佐藤俊・著>

書籍紹介ページへ(文藝春秋BOOKS)

ページトップ