著者プロフィール 

佐藤俊Shun Sato

1963年、北海道生まれ。青山学院大学経営学部卒業後、出版社を経て'93年、フリ-ランスとして独立。サッカ-、陸上を中心にジャンルを問わない、仕事は断らないがポリシ-。波乗りとマラソンを愛す。著書は、「稲本潤一1979-2002」「宮本恒靖 学ぶ人」(文藝春秋)、「箱根0区を駆ける者たち」(幻冬舎)、「箱根奪取」(集英社)など著者多数あり。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
鈴木武蔵+自己主張=得点王の意欲。「大迫さんと違う自分のスタイルで」

話が終わったらボールを蹴ろう

鈴木武蔵+自己主張=得点王の意欲。
「大迫さんと違う自分のスタイルで」

北海道コンサドーレ札幌では2年目になる今シーズンは、昨年以上の活躍が期待されている。鈴木自身も、その声に応えたいという気… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2020/02/20

ミシャと札幌が考える“勝ち点70”。「まだ3年目、きっと生き残れる」

話が終わったらボールを蹴ろう

ミシャと札幌が考える“勝ち点70”。
「まだ3年目、きっと生き残れる」

「私にとって問題なのは6年目です。広島では6シーズンが終わったところで契約が満了になり、浦和では6シーズンの途中で解任され… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2020/02/19

箱根の後、駅伝部は何をしているか。新入生が入るまでの意外と忙しい冬。

箱根駅伝PRESS

箱根の後、駅伝部は何をしているか。
新入生が入るまでの意外と忙しい冬。

箱根駅伝が終わり、各大学の陸上部はようやく本当の正月を迎えて、のんびり……とはいかない。では、箱根駅伝が終わった後、新入… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

駅伝

2020/02/02

神戸で誰よりも不可欠な男・山口蛍。劣勢で輝き、初タイトルをもたらす。

話が終わったらボールを蹴ろう

神戸で誰よりも不可欠な男・山口蛍。
劣勢で輝き、初タイトルをもたらす。

それにしても神戸で、山口は本当に影の番長的な存在感を発揮している。この日の試合での献身ぶりもそうだが、何より人間としての… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2020/01/08

J1残留の余韻に浸っている暇はない。湘南には「新たな一歩」が必要だ。

話が終わったらボールを蹴ろう

J1残留の余韻に浸っている暇はない。
湘南には「新たな一歩」が必要だ。

「8月からいろんなことがあって、正直みんな諦めかけていたし、もう落ちてもしょうがないな、厳しいなって言う雰囲気が漂ってい… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2019/12/17

12月10日は箱根駅伝への運命の日。エントリーから外れた主力たち。

箱根駅伝PRESS

12月10日は箱根駅伝への運命の日。
エントリーから外れた主力たち。

どこの大学も14、5名の選手はわりとすんなり決まる。だが、最後の1枠の選考は非常に難しい。故障で間に合うかどうか分からないが… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

駅伝

2019/12/14

勝てば残留、負ければプレーオフ。それでも湘南がピリつかない理由。

話が終わったらボールを蹴ろう

勝てば残留、負ければプレーオフ。
それでも湘南がピリつかない理由。

「FC東京戦も今日の試合もそうでしたけど、誰も口には出さないですけど不思議と最後には残れるという雰囲気があって……。僕は心… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2019/12/04

中村俊輔、横浜FCでの試行錯誤。理想と現実の間で戦い続けた5カ月。

話が終わったらボールを蹴ろう

中村俊輔、横浜FCでの試行錯誤。
理想と現実の間で戦い続けた5カ月。

「今の状況に納得はしていない。もっと自分のプレーがあるけど、このチームではボランチがベストなので、それを全うするだけ。J1… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2019/11/27

山口蛍が永井謙佑と共に変えた流れ。代表に必要な能力と、本人の違和感。

話が終わったらボールを蹴ろう

山口蛍が永井謙佑と共に変えた流れ。
代表に必要な能力と、本人の違和感。

山口は永井とともにその流れを変え、ゴールを決めた。得点力があり、チームを修正できる力を持つ選手の存在は、今回のように代表… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

サッカー日本代表

2019/11/22

攻撃的DF・進藤亮佑、代表初招集。「名前で守れるぐらいの存在感を」

話が終わったらボールを蹴ろう

攻撃的DF・進藤亮佑、代表初招集。
「名前で守れるぐらいの存在感を」

北海道コンサドーレ札幌の進藤亮佑のプレーを見ていると、日本代表の森保一監督の好みに合う選手だなと改めて思った。 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

サッカー日本代表

2019/11/13

今季の駅伝シーズンは混戦模様。全日本は「選手層」の勝負になる。

箱根駅伝PRESS

今季の駅伝シーズンは混戦模様。
全日本は「選手層」の勝負になる。

出雲で見えた選手の状態、さらにチームの勢い、選手層から考えると、優勝争いは、BIG3の東洋大、東海大、そして駒沢大が軸になる… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

駅伝

2019/11/01

大学駅伝シーズンが出雲でスタート。BIG3を脅かす國學院、そして……。

箱根駅伝PRESS

大学駅伝シーズンが出雲でスタート。
BIG3を脅かす國學院、そして……。

今年の出雲駅伝は全区間、高いレベルで走れる選手を揃えないと勝てない、かつてないほどレベルの高いレースになりそうだ。 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

駅伝

2019/10/12

ヴィッセル唯一の27試合フル出場。山口蛍が献身の陰に持つ「野望」。

話が終わったらボールを蹴ろう

ヴィッセル唯一の27試合フル出場。
山口蛍が献身の陰に持つ「野望」。

ヴィッセル神戸が徐々に調子を上げつつある。川崎フロンターレを破って、9位に浮上。リーグ戦では8月から9月まで負けたのはホー… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2019/10/02

松井大輔が目をかけるドリブラー。横浜FC・松尾佑介は五輪を目指す。

話が終わったらボールを蹴ろう

松井大輔が目をかけるドリブラー。
横浜FC・松尾佑介は五輪を目指す。

久しぶりに「速いなぁ」と腰を浮かさせてくれた。横浜FCのサイドハーフでプレーする中山克広と松尾佑介である。とりわけ興味を引… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2019/09/25

ジブラルタルで生きる日本人選手。欧州の端っこからCLを目指して。

話が終わったらボールを蹴ろう

ジブラルタルで生きる日本人選手。
欧州の端っこからCLを目指して。

イギリス領ジブラルタル――。 聞いたことがある名前だけど、どこだろう? その昔、ジョン・レノンとオノヨーコが結婚式を挙げた… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

海外サッカー

2019/09/15

大宮を救ったイッペイシノヅカ。ロシア代表とJ1昇格の二兎を追う。

話が終わったらボールを蹴ろう

大宮を救ったイッペイシノヅカ。
ロシア代表とJ1昇格の二兎を追う。

大宮アルディージャを救ったのは、イッペイシノヅカだった。FC町田戦、1点ビハインドの後半最初から左ウイングバックの吉永昇偉… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2019/09/10

ガンバ大阪が陥ったネガティブの罠。宮本恒靖監督は率先して変われるか。

話が終わったらボールを蹴ろう

ガンバ大阪が陥ったネガティブの罠。
宮本恒靖監督は率先して変われるか。

ガンバ大阪が横浜F・マリノスに1-3で敗れ、これで6戦勝利なし。順位は14位だが、自動降格の17位松本との勝ち点差は4、降格危機… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2019/09/04

水戸・小川航基が貪欲に求める結果。J1昇格、15点、堂安と一緒に五輪。

話が終わったらボールを蹴ろう

水戸・小川航基が貪欲に求める結果。
J1昇格、15点、堂安と一緒に五輪。

J2第29節の試合終了後、水戸ホーリーホックの選手たちはがっくりと腰を折って、膝に手をつき、しばらく顔を上げられなかった。目… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2019/08/28

トライアウト→J2琉球→セレッソ。鈴木孝司の人生が変わった半年間。

話が終わったらボールを蹴ろう

トライアウト→J2琉球→セレッソ。
鈴木孝司の人生が変わった半年間。

またひとり、泥臭い仕事人がセレッソ大阪に加入してきた。 J2のFC琉球から完全移籍してきた鈴木孝司が横浜F・マリノス戦(17日)… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2019/08/20

名古新太郎に匂う「鹿島の系譜」。小笠原満男、柴崎岳とも違う特性。

話が終わったらボールを蹴ろう

名古新太郎に匂う「鹿島の系譜」。
小笠原満男、柴崎岳とも違う特性。

強いチームは次から次へと面白い選手が出てくるものだ。この夏、鹿島は主力の安部裕葵、鈴木優磨、安西幸輝、金森健志らが移籍し… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2019/08/07

『宮本恒靖 学ぶ人』

「Amazon」で購入

文藝春秋BOOKS

『宮本恒靖 学ぶ人』

日本代表主将が語るリーダー論、サッカー論

トルシエ、ジーコ監督の下、日韓、ドイツW杯を戦った日本代表キャプテン。引退を決意した彼が語る、チームリーダーとして学んだこ

<本体1,200円+税/佐藤俊・著>

書籍紹介ページへ(文藝春秋BOOKS)

ページトップ