野球善哉BACK NUMBER

新人王候補の澤村、斎藤に負けない!
阪神の左腕・藤原正典、2年目の覚悟。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/03/16 10:30

新人王候補の澤村、斎藤に負けない!阪神の左腕・藤原正典、2年目の覚悟。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

リリースポイントの見えにくい投球フォームと、切れ味鋭いストレートを誇る藤原正典。他にもスライダーやフォークを操る

久保田、藤川、小林宏の“トリプルK“は全員「右」。

 今季の阪神のブルペンスタッフはFAで小林宏が加入したことで、より充実したといえる。

 久保田、藤川、小林宏のいわゆる“トリプルK”は覇権奪還への期待を抱かせる。だがその一方で、3人ともが右投手というアンバランスさがあるのも否めない。昨シーズンがそうだったように、中継ぎの「左」が阪神にとっての継続した課題なのである。

 だからこそ、藤原の存在が貴重になってくるというわけだ。

「左キラー」で始まり、ややもすると山口コーチが評した「球児の前で投げられる」存在にまで起用される可能性が十分にある。それほど、対外試合で無失点を続ける今の藤原は、打たれそうな気配がしない。

 今年のセ・リーグの新人王は、澤村拓一(巨人)や同僚の榎田大樹(阪神)だという呼び声が高い(パ・リーグだと斎藤佑樹ということになるのだろう)。

 確かに、彼らはそうした前評判を呼ぶだけの実力を持っている。だが、昨年のシーズン前に榊原や甲藤の名前を挙げたものはいなかったように、藤原がノーマークだからといって、可能性がないわけではない。

 1年目で経験を積み、2年目で開花する――。

 奇しくも西村と同じ流れだが、今年の新人王に阪神・藤原を強く推したい。

関連記事

BACK 1 2 3
藤原正典
阪神タイガース

プロ野球の前後の記事

ページトップ