欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

長友佑都はデサイーになれるか?
フランスを変えた18年前の衝撃移籍。 

text by

フローラン・ダバディ

フローラン・ダバディFlorent Dabadie

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2011/02/25 10:30

長友佑都はデサイーになれるか?フランスを変えた18年前の衝撃移籍。<Number Web> photograph by Getty Images

デサイーは、12歳の時にナントのユースチームに入り、24歳でマルセイユ入りしCL優勝。翌年ACミラン入りし、異なるチームでの2年連続となるCL優勝を果たした。1998年にはフランス代表として自国開催W杯を制覇。2002年の日韓W杯にも出場している

長友の移籍は日本代表のW杯初出場に匹敵する快挙。

 今後、長友がデサイーのようにチャンスをものにできるかは、日々の練習のなかでプロ意識と自信、積極性をしっかりと見せ、かつインテルの戦術を理解できるかにかかっている。カペッロ監督も当時、デサイーについて「私たちのプレーシステム(戦術)をすぐに理解しフィットしたことは非常に大きかった」と振り返っている。

 ひょっとするとレオナルド監督も長友をMFにコンバートするかもしれない。いずれにしても監督の意図を理解した上で、求められる場面において積極的かつ献身的な姿勢を見せることが一番のアピールになるはずだ。

 フランスサッカーにおけるデサイーの存在がそうであったように、日本サッカーにとって長友のインテル移籍は日本のワールドカップ初出場にも匹敵する重要な意味を持っている。あの初出場以来、最も刺激的な挑戦かもしれない。何より、18年前のデサイーの挑戦を思い起こして言えるのは、日本のサッカーファンは幸せだということだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

長友佑都
マルセル・デサイー
インテル
ACミラン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ