SCORE CARDBACK NUMBER

人種差別騒動の渦中で
キ・ソンヨンが担うもの。
~猿真似パフォーマンス余話~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2011/02/26 08:00

人種差別騒動の渦中でキ・ソンヨンが担うもの。~猿真似パフォーマンス余話~<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

“韓国のジェラード”の異名をとるキ・ソンヨン(上)は今季リーグ戦15試合3ゴールの活躍

 アジアカップ準決勝の日韓戦で見せた猿真似パフォーマンスで物議を醸したのが韓国代表キ・ソンヨンだった。この一件は日韓両国だけでなく、はるかスコットランドにまで飛び火している。

 キ・ソンヨンが所属するセルティックの本拠地グラスゴーでもアジアカップは放送されたが、特に注目を集めていたわけではなかった。しかし「スコットランドのサポーターに人種差別的なヤジを受けていたから」との発言が火をつけ、同国でも日韓問題や人種差別が話題に。某地元紙は「単なる言い訳としてスコットランドサポーターを使っただけ」と、キ・ソンヨンを批判している。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

キ・ソンヨン
セルティック

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ