ラグビーPRESSBACK NUMBER

「今年は楽しかったなあ」最終決戦直前…堀江翔太が語り出した“常勝軍団ワイルドナイツ”強さの継承「三洋は貪欲な人が多かった」 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2024/05/17 11:05

「今年は楽しかったなあ」最終決戦直前…堀江翔太が語り出した“常勝軍団ワイルドナイツ”強さの継承「三洋は貪欲な人が多かった」<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

いよいよプレーオフが始まるリーグワン。堀江翔太は有終の美を飾れるか…と周囲は騒ぎ立てるが、本人は至って自然体だ

 堀江がもうひとつ、チームで培った財産がある。

 喋りだ。

「僕くらい喋る選手、いまではあんまりいないんで。リザーブ席でもずっと喋ってます。無駄口やなしに、試合の流れを見ながら必要なことをリザーブにいてる他の選手たちと共有する意味で」

 近年、リザーブの重要性が増し、「インパクトプレーヤー」とも呼ばれるようになった。しかし堀江は、「インパクト与えようとは思ってないです」と話す。

「車のチューンアップにたとえるのが分かりやすいですかね。試合の途中から出てくのは、チームを『調整』する感じです。上手く行ってないところを滑らかにするいうかね。そのために喋ります」

「あの人がよく喋る人でね」

 スタンドとピッチが近い競技場、たとえば秩父宮のバックスタンドでワイルドナイツ戦を見ると、堀江がやたらと声を出しているのが分かる。

 喋り、コミュニケーションによって選手間の連係を強くする。これが堀江の大きな武器であり、ワイルドナイツの財産である。

「僕が喋るようになったのは、ウィングに北川智規さんっていたじゃないですか(2006年から2018年まで在籍)。あの人がよく喋る人でね。ウィングの位置からディフェンスの連係や、アタックでもスクラムハーフやスタンドオフに向かって声出してました。僕もそれを見習ったというか、『こうやってゲームを動かすこともできるんやな』と気づいてから、よく喋るようになりました」

 特に堀江はワイルドナイツのディフェンスシステムの構築に重要な役割を果たしてきたこともあり、防御面ではいろいろなことが見える。

【次ページ】 「引退してからではないと話せないですね(笑)」

BACK 1 2 3 4 NEXT
堀江翔太
パナソニックワイルドナイツ
北川智規

ラグビーの前後の記事

ページトップ