甲子園の風BACK NUMBER

21世紀枠漏れで“初の甲子園”逃した兵庫の進学校「マナーのいい学校を選んだ…じゃあウチはそうじゃないの?」落選した高校の本音 

text by

沢井史

沢井史Fumi Sawai

PROFILE

photograph byFumi Sawai

posted2023/03/20 17:00

21世紀枠漏れで“初の甲子園”逃した兵庫の進学校「マナーのいい学校を選んだ…じゃあウチはそうじゃないの?」落選した高校の本音<Number Web> photograph by Fumi Sawai

21世紀枠の候補校に挙がりながらも、出場を逃した小野高校。文武両道、昨秋は県8強など好成績を評価されていた

 その後、北垣監督のもとにはたくさんのメッセージが届いた。

「落選しても、気に掛けてくださった記者さんもいる。選手らも色んな方から取材を受けて、これだけ注目されたことは刺激になったと思います。候補に挙げてもらった間、高い意識で練習もできました。この春に全国のトップレベルの学校と対戦することは叶わなくても、そういう経験はきっと生きてくると思っています」

 頼もしい主将の市橋はこう語る。

「正直、選ばれなかったことはショックでしたけれど、今はもうやるしかないという気持ちが強いです。秋に1点差で負けた社高校さんは選ばれたので、自分たちとの差は何だったのか。そこも追いながら、さらに上を目指したいです」

 幸い、彼らにはまた夏に“聖地”を目指す権利がある。チームのトレードマークとなっているトンボのように、後ろは見ず、前に進むだけだ。

「夏こそは実力で(甲子園に)行けるように。このチームはもっとやれる。そう信じて夏を目指します」

 ノックバットを手に気持ちを奮い立たせる北垣監督の背中には、闘志がみなぎっていた。もう振り返らない――そんな強い覚悟が、選手の元気な掛け声と共に、グラウンドにこだましているようだった。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4
兵庫県立小野高校

高校野球の前後の記事

ページトップ