Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[残り9分の連係ミス]守田英正「初舞台の悔恨、変わらない信念」

posted2022/12/09 08:03

 
[残り9分の連係ミス]守田英正「初舞台の悔恨、変わらない信念」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama/JMPA

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama/JMPA

初戦2日前にようやく全体練習に合流した攻守の要が、このコスタリカ戦で初めてのW杯出場を果たした。だが、残ったスコアにはチームの迷いがそのまま表れた。当事者のひとりとして失点場面を味わった男の思いとは。

 初めて立ったW杯のピッチで守田英正が鮮明に覚えているのは、思うようにいかなかった自陣ペナルティエリア前でのクリアシーンだ。

 最終ラインの吉田麻也からのふわりと浮いたパスが、エリアのすぐ外にいた守田の前方に落ちてくる。

 危険なゾーンをさまようボール、そのバウンドを見計らいながら必死に足を伸ばした。この位置でセカンドボールを相手に渡すことだけは避けなければ。そんな思いで投げ出した身体が芝の上を走った。

 その瞬間のことを、守田はこう振り返っている。

「周りが見えてなかった。まずボールにチャレンジする、相手に渡さないという意図で先に触ってクリアしたら、僕が死に体のような形になってしまった」

 クリアしたボールが前にいた相手にひっかかる。起き上がって戻る守田の横からエリア内へ走る選手へと渡り、次の瞬間にはネットが揺れていた。

 唯一の失点は、日本代表に重くのしかかる1点だった。

 曖昧なプレーの連続がもたらした失点を守田の責任とするのは酷だろう。しかし失点直前のプレーに関わった当事者として、その時の判断を守田はコスタリカ戦後も考え続けていた。

 翌日、守田はあらためてそのシーンの映像を見返した。

「ある意味、そこまで危ないシーンではなかった。冷静に相手の前に立ってプレーを遅らせることができれば、なんてことはなかったと思う。そこがあのシーンの個人的な反省点。あれは死に体にならずに足を運ぶべきだった。落ち着いて正対することができたんじゃないかと」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1840文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

守田英正
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ