Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[守護神の証明]権田修一「3人で作った“18秒”」

posted2022/12/07 08:02

 
[守護神の証明]権田修一「3人で作った“18秒”」<Number Web> photograph by Getty Images

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph by

Getty Images

グループステージ初戦、マン・オブ・ザ・マッチに輝いたのはこの男だった。ドイツのシュートを4連続で止め、日本を窮地から救った“神セーブ”。それは、仲間でありライバルでもあるGKチーム全員で辿り着いたプレーだった。

 8年前、権田修一は水を運んでいた。ブラジルW杯メンバーに選ばれたものの、出場はなし。試合中にプレーが途切れれば、ベンチを飛び出してピッチ上の選手たちにドリンクを渡し、練習の前後には率先して用具の準備と後片付けを手伝った。

 チームはグループステージで敗退したものの、スタッフの誰もが献身性を褒めてくれた。でも、本人は後悔していた。

“8年後の権田”は、こう語る。

「当時の僕はフォア・ザ・チームの姿勢を示すことが自分の役割だと思っていたし、それが素晴らしいとも言ってもらえました。でも、あれじゃあ本当にチームの力にはなっていなかったと思います。あの姿勢で臨んじゃいけなかった。正GKだった(川島)永嗣さんを支える、ではなくて、刺激を与える存在にならなきゃいけなかった。“永嗣さん、しっかりやらないと、俺がポジションを奪っちゃうよ”っていう意識でいないといけなかった。

 実際、永嗣さんは控えの立場になった後も、チャンスが来たときのために全力で、100%の準備をしている。そしてスタメンが確定した段階で切り替えて、チームのために尽力する。これって当たり前のようで、すごく難しいことなんです。どれだけ若いGKが出てきても、監督が永嗣さんをメンバーに入れるのは、それだけの価値を示しているから。本当にすごい人です」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2168文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

権田修一
森保一
川島永嗣
シュミット・ダニエル
下田崇
清水エスパルス
カタールW杯
ワールドカップ
ブラジルW杯

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ