Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[ドイツは日本をどう見たか]森保の自信と采配に脱帽

posted2022/12/07 08:00

 
[ドイツは日本をどう見たか]森保の自信と采配に脱帽<Number Web> photograph by Atsushi Tokumaru

text by

アレクシス・メヌーゲ

アレクシス・メヌーゲAlexis Menuge

PROFILE

photograph by

Atsushi Tokumaru

 前半30分くらいまで日本はドイツの選手たちに噛み付くように守備をし、明確なゲームプランを持っているように見えた。ボールを奪ったら素早く前へ攻めるというプランだ。ドイツは自分たちのサッカーをするのが難しく、日本の規律あるコンパクトな守備に苦戦し、明らかに攻めあぐねていた。

 ところがそこから前半終了まで日本は押し込まれ続け、ドイツの時間になる。原因は左サイドバックの位置から高く上がるダビド・ラウムを捕らえられなかったからだろう。ドイツがPKを奪取して先制したのは自然な流れだったし、ミュンヘン在住でバイエルンの番記者をしている者として、ドイツの勝利を信じて疑わなかった。後半に追加点を奪ったら試合が決まるだろうと。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 616文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ダビド・ラウム
三笘薫
森保一
長友佑都
酒井宏樹
イルカイ・ギュンドアン
レオン・ゴレツカ
ハンジ・フリック
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ