Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[第7戦 KEYMAN]宮城大弥「21歳の愛され左腕が果たした大役」

posted2022/11/04 07:06

 
[第7戦 KEYMAN]宮城大弥「21歳の愛され左腕が果たした大役」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 沖縄出身、寒がりではある。だからと言って日本一を決めた瞬間、上着を羽織ったままグラウンドへ飛び出す先発ピッチャーを初めて見た。天然、愛されキャラの宮城大弥のことだ。王手を懸けた第7戦、初の中4日、初の神宮のマウンドで、5回を投げて無失点のピッチングを披露し、試合の流れを手繰り寄せた。胴上げのときには背番号の見えないグラウンドコートを着たまま、ぴょんぴょん跳びはねている。記者会見では山田哲人、村上宗隆、ホセ・オスナを完璧に抑えたことについて訊かれ、宮城はこう言っていた。

「気まぐれです」(いやいや、まぐれだろ)

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 657文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

オリックス・バファローズ
宮城大弥

プロ野球の前後の記事

ページトップ