珠玉の1敗BACK NUMBER

戸崎圭太――痛恨の黒星を重ねて切り開いた新境地。

posted2022/11/02 07:00

 
戸崎圭太――痛恨の黒星を重ねて切り開いた新境地。<Number Web> photograph by TCK(TOKYO CITY KEIBA)

'08年から'12年まで5年連続で地方最多勝を達成している

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

TCK(TOKYO CITY KEIBA)

第一線で活躍するアスリートは、敗戦から何を学ぶのか――。“負けが常”の競馬において、3年連続最多勝を経験したトップジョッキーが、キャリアの転機となった敗北を語る。

【Defeated Game】
2007年4月18日 大井11R マイルグランプリ(南関東SII)
11着 ナイキアディライト(2番人気)

   ◇

 負けから学ぶことがある。そう力説するジョッキーがいる。2014年から3年連続でリーディングジョッキーに輝き、今年10月には3年ぶりにJRA年間100勝を達成した戸崎圭太、その人だ。

 ジョッキーの世界は敗北が日常である。勝率はリーディングのトップこそ2割台を叩き出すが、いくら名手であってもほとんどが1割台。何鞍騎乗しようとも、勝てない日があることなんてザラだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3400文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

戸崎圭太
ナイキアディライト
川島正行
エポカドーロ
福永祐一

競馬の前後の記事

ページトップ