Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[天才かく語りき]田原成貴「常識なんてあてにならない」

posted2022/10/21 07:05

 
[天才かく語りき]田原成貴「常識なんてあてにならない」<Number Web> photograph by Naohiro Kurashina

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Naohiro Kurashina

偉業として現在も語り継がれるトウカイテイオー&マヤノトップガンの有馬記念勝利。前例にとらわれない柔軟な発想はどのように培われたのか。解説者として本格復帰したレジェンドジョッキーがその神髄を披瀝する。

 約束の時間より早く、田原成貴は現れた。

 マスクをし、横断歩道の向こう側にいても、すぐにわかった。騎手時代「競馬界の玉三郎」と呼ばれた端正な顔だちと、スリムな体型。とても63歳には見えない。

 競馬界を去ったあと、2003年の秋に筆者が聞き手となって本誌でインタビューをした。19年前のことだ。その後も時折会ってはいたのだが、「取材」という形で顔を合わせるのはそれ以来となる――。

 騎手としてJRA通算1112勝。うちGI級は15勝。「常識を疑え」という今回のテーマに、先行して良績を残した馬で追い込むなど「破常識」な騎乗で大舞台を制してきたこの人ほどの適任はいないだろう。

 騎手・田原成貴の常識を超えた一戦としてまず思い出されるのは、1年ぶりの実戦となったトウカイテイオーを勝利に導いた'93年の有馬記念だ。

 トウカイテイオーは、安田隆行の手綱で無敗のまま'91年の皐月賞と日本ダービーを優勝。骨折による長期休養を経て、翌'92年、岡部幸雄を背に復帰する。天皇賞・春は5着、再度の骨折・休養を経て臨んだ天皇賞・秋は7着に沈むも、次走のジャパンカップを完勝。有馬記念に向かうことになったのだが、有馬記念前週の土曜日に岡部が騎乗停止になり、田原に騎乗依頼が来た。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4528文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

トウカイテイオー
マヤノトップガン
田原成貴
安田隆行
岡部幸雄
松元省一
坂口正大

競馬の前後の記事

ページトップ