箱根駅伝PRESSBACK NUMBER

箱根制覇へ視界良好「圧勝でした」駒澤大が出雲駅伝を全区間2位以内で優勝、エース田澤は「これまでは自分に頼る試合が多かった。でも…」 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2022/10/13 17:25

箱根制覇へ視界良好「圧勝でした」駒澤大が出雲駅伝を全区間2位以内で優勝、エース田澤は「これまでは自分に頼る試合が多かった。でも…」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

レース後にチームメイトと談笑する田澤廉。1年からエースとして話題を集めた田澤ももう4年生。最後の箱根での優勝と3冠制覇を目指す

「(鈴木)芽吹が使える目途がついたのは9月末ぐらいで、10月になったら大丈夫だなと思いました。芽吹をアンカーに置けるのは戦術的に大きいし、3年生にとっても大きかった。ただ、まだ故障前の80%ぐらいしかできていない。100%になれば、今日のレースでももっと突っ込んでいたと思うけど、それでも今日は普通に早かったと思います」

 結果的に鈴木が戻ってきたことで、体調が万全ではない田澤を3区にまわすことができた。もっとも鈴木は、復帰戦となる駅伝でいきなりアンカーの大役を任されることになり、最初は戸惑いもあったという。それでも6区を受け入れたのには理由があった。

このまま腐っちゃダメだ、失敗する可能性もあるけど…

「正直なことをいうと3区も6区もないと思っていました。普通なら4区か5区、やっても1区かなという感じでした。6区と言われて不安しかなかったんですけど、いつまでも不安だ、不安だといっても何も始まらない。たくさんの人に支えてもらい、このまま腐っちゃダメだ、失敗する可能性もあるけど、出雲駅伝をキッカケに前に進まないといけないと思い、走ることを決めたんです」

 大八木監督からも「将来世界を目指すならアンカーぐらいでビビるな。次のエースなんだから覚悟を決めて走れ」と言われたという。

 そうして、鈴木は戻ってきた。さらに佐藤など新しい戦力が台頭し、チームは活性化した。唐澤拓海(3年)などの選手が戻ってくれば、駅伝の登録メンバー選考はますます厳しくなる。裏を返せば、それだけ選手層が厚くなっているということでもある。

 この分厚い選手層こそ、今季の駒大を語る上で欠かせない2つ目のポイントだ。

 5区で区間賞を獲得した安原は、こう明かす。

【次ページ】 今回出場しなかった選手以外にも…

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
駒澤大学
青山学院大学
鈴木芽吹
田澤簾
花尾恭輔
佐藤圭汰
千守倫央
安原太陽
村山謙太
吉居大和
唐澤拓海
青柿響
白鳥哲汰
赤津勇進
赤星雄斗
円健介
伊藤蒼唯
山川拓馬

陸上の前後の記事

ページトップ