箱根駅伝PRESSBACK NUMBER

箱根制覇へ視界良好「圧勝でした」駒澤大が出雲駅伝を全区間2位以内で優勝、エース田澤は「これまでは自分に頼る試合が多かった。でも…」 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2022/10/13 17:25

箱根制覇へ視界良好「圧勝でした」駒澤大が出雲駅伝を全区間2位以内で優勝、エース田澤は「これまでは自分に頼る試合が多かった。でも…」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

レース後にチームメイトと談笑する田澤廉。1年からエースとして話題を集めた田澤ももう4年生。最後の箱根での優勝と3冠制覇を目指す

「監督からは、今年は3年生がキーマンだと言われています。出雲も『自分たちの力を見せよう』と3年生の中で話をしましたし、実際にレースでは3年の花尾で始まり、3年の芽吹で終わっています。ただ、3年生にはまだ控えに回りつつも強い選手がたくさんいますし、下級生にも良い選手がいる。全日本、箱根と走れる強い選手がどんどん出てくると思うので、これからはメンバーに入るのも大変になってきます」

今回出場しなかった選手以外にも…

 安原のいう通り、3年生には唐澤、青柿響、白鳥哲汰、赤津勇進、赤星雄斗ら力のある選手が揃っている。彼ら以外にもトラックシーズン、好調だった篠原倖太朗(2年)も全日本には間に合いそうだ。また、今回、出雲駅伝に出走できなかった円健介(4年)、伊藤蒼唯(1年)、山川拓馬(1年)が、浜山公園陸上競技場で開催された5000mの出雲記録会に出場した。円は風が強い中、タイムは14分03秒と平凡ながらも日本人トップ、総合2位という結果を出した。円は「最後だからとここまでつれてきてもらったのですが、優勝は嬉しかったですし、次は自分も走りたいという気持ちがさらに強くなりました」と語った。山川も調子が良く、大八木監督は「全日本では佐藤以外の1年生が走る可能性が大きい」と語ったが、充実の3年生以外にも駅伝を走る椅子を狙っている選手が非常に多く、しかも質が高い。他大学がうらやむような充実した選手層が駒澤大の強みになっているのは間違いない。

田澤「総合力で勝てるチームになったと思います」

 3つ目のポイントは、田澤頼みのチームではなくなりつつあるということだ。

 田澤は、1年の時から3大駅伝に出走し、自らの区間で結果を出してチームを牽引してきた。2年時の全日本大学駅伝は青学大、東海大とのアンカー勝負に勝ち、優勝に貢献。昨年優勝した全日本も自身の7区でトップに立ち、箱根も2区で区間賞を獲った。そうして、田澤への依存度は年々増していった。だが、今回は、田澤の体調が悪かったことがチームにとっては逆にプラスに振れた。重要区間であるアンカーには鈴木が入り、区間賞をとって結果を出し、2区の佐藤、5区の安原も区間賞の走りでチームに貢献をした。それぞれがしっかりと走り、“全員駅伝”で掴んだ優勝だった。

 出雲の結果を見て、田澤は、こう語った。

【次ページ】 残り2つ獲って、4年間の恩返しをしっかりしたい

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
駒澤大学
青山学院大学
鈴木芽吹
田澤簾
花尾恭輔
佐藤圭汰
千守倫央
安原太陽
村山謙太
吉居大和
唐澤拓海
青柿響
白鳥哲汰
赤津勇進
赤星雄斗
円健介
伊藤蒼唯
山川拓馬

陸上の前後の記事

ページトップ