ボクシングPRESSBACK NUMBER

井上尚弥が米メディアに明かした本音「真のNo.1だとは今でも全然、思っていない」4団体統一“最後の相手”バトラー戦への対策は?
 

text by

杉浦大介

杉浦大介Daisuke Sugiura

PROFILE

photograph byNaoki Fukuda

posted2022/09/06 11:01

井上尚弥が米メディアに明かした本音「真のNo.1だとは今でも全然、思っていない」4団体統一“最後の相手”バトラー戦への対策は?<Number Web> photograph by Naoki Fukuda

8月16日、大橋ジム(横浜)で行われた独占ロングインタビュー。米リングマガジン電子版に掲載された井上尚弥の言葉に、世界中のボクシングファンが釘付けとなった

——スーパーバンタム級に行く前、バンタム級4団体統一に向けた最後の相手になりそうなバトラーの話もして下さい。12月と伝えられているバトラーとの試合はどんな流れを想定していますか?

井上 バトラーがどんな出方をしてくるか、ですよね。倒されないボクシングを徹底してくるのであれば、それに対処するだけの詰め方が必要になってきます。何かの記事で、ドネアがバトラーに「(左右に動き、ジャブ、スピードを生かすボクシングを)徹底しろ」とアドバイスをしているのを見ました。それをしてくるのであれば、長い戦いになるのかなと思います。僕は前半にKO勝ちするイメージが強いと思いますけど、ごりごりいくファイターではないので、相手がどう出てきて、どう噛み合うか次第ですね。

——バトラーは間違いなく足を使い、動き回りますよね。

井上 その通りですね。バトラーの長所はやはりフットワーク。ジャブをついて、左右に動く選手。だから自分も作戦をしっかり立てなければいけません。

——バトラー戦はバンタム級の統一戦ではありますが、圧倒的に優位と目されている試合でもあります。モチベーションの持っていき方は難しくないですか?

井上 正直、バトラーが自分にどれだけの危機感を与えるかといったら、(危険なパンチャーだった)ドネアと比べたら違うのかもしれません。危機感がないと自分を追い込めないですが、バトラーが自分に味わわせてくれる危機感はどうなのかなと。ただ、実力はある選手でしょうし、4団体のタイトルがかかる試合という意味でモチベーションは大きいです。

——バトラーは2020年10月に戦ったジェイソン・マロニー(オーストラリア)に似ているという話をしていました。具体的にどういった部分に相似点を感じるのでしょう?

井上 フットワークですね。なんとなく、雰囲気ですけど、フットワーク、ジャブを使って戦う選手という点でタイプ的には似ているのかなと思いました。

(つづく)

#2に続く井上尚弥が「ほぼ完璧ではなく、完璧」と言い切る“生涯最高のパンチ”とは? 階級挑戦はフェザー級まで、“35歳で引退”にも言及

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4
井上尚弥
ノニト・ドネア
ポール・バトラー
オレクサンデル・ウシク

ボクシングの前後の記事

ページトップ