野球クロスロードBACK NUMBER

「あれは、ホームランです」10年前、大谷翔平の甲子園出場を止めた“ポール際への一発”…盛岡大附4番に向けられた“疑いの目”、しかし大谷は 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph bySankei Shimbun

posted2022/07/26 11:03

「あれは、ホームランです」10年前、大谷翔平の甲子園出場を止めた“ポール際への一発”…盛岡大附4番に向けられた“疑いの目”、しかし大谷は<Number Web> photograph by Sankei Shimbun

2012年の岩手県大会決勝。花巻東・大谷翔平からホームランを放った盛岡大附・二橋大地がいま明かす「あの打席」の裏側

「あの時は『よし!』って嬉しかっただけでしたね。当時はホームランがポール際だったことはわからなかったし、大谷とかがそうやっていたのかはわからなかったです」

 二橋の3ランで4-0。盛岡大附は序盤から主導権を握り、5-3で花巻東を退けた。

「球場全体が花巻東を応援してるようで」。しかし大谷は…

 あのホームランがファウルだったなら?

 仮に二橋の一発がなければ盛岡大附は2-3で敗れていたことになるが、そんな皮算用が実現するほど野球は簡単なスポーツではない。大谷に15奪三振を喫しながらも9本のヒットを浴びせた盛岡大附の、完全な作戦勝ちだったことは揺るぎない事実であるし、当然のように二橋のホームランだって、今でもれっきとした公式記録である。

 しかし、スタンドがそれを許さない。岩手の覇者に釈然としない視線が向けられた。

「県外ばっかりの選手で勝って嬉しいか!?」

 キャプテンの優勝インタビュー中に、祝福とは言い難い言葉が飛び交う。本当なら堂々と正面入り口から凱旋できるはずの勝者は、「危険だから」という理由で裏口からこっそりと球場を後にする羽目となった。

 とりわけ疑義を向けられたのが、勝利の立役者だった。二橋の言葉には悲哀がにじむ。

「球場全体が花巻東を応援してるようで、『甲子園に行ってほしいんだろうな』ってすごく感じたんですよね」

 周りは自分たちをヒール役に仕立てた。

 ただただ、甲子園に行きたい。そんな純真をえぐり取られるようでもあった。

 でも、二橋は喜べた。それは甲子園出場を果たせたこと。なにより、目標としていた大きな存在に追いつけたと実感できたからだ。

「ナイスバッティング!」

 決勝戦後にかけられた大谷の言葉で、二橋は顔を上げることができた。

<後編へ続く>

#2に続く聞かれ続けた「プロで大谷選手と対戦したい?」元盛岡大附・二橋大地が明かす、あの岩手大会決勝“物議のホームラン”からの10年

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4
大谷翔平
花巻東高校
二橋大地
盛岡大附属高校

高校野球の前後の記事

ページトップ