SCORE CARDBACK NUMBER

名将の愛弟子がまた一人指揮官に。NBA現役最年少HCへの期待。

posted2022/07/25 07:00

 
名将の愛弟子がまた一人指揮官に。NBA現役最年少HCへの期待。<Number Web> photograph by Getty Images

2021-'22シーズンはセルティックスのアシスタントコーチを務め、セルティックスのNBAファイナル進出に貢献

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

 またひとり、グレッグ・ポポビッチ(サンアントニオ・スパーズヘッドコーチ)の愛弟子がNBAのHCになった。最近のNBAにおいてポポビッチ閥は着々と広がっており、NBAファイナルは2年連続でポポビッチ門下生同士の対戦だったほどだ。

 今回、新たにHCになったのはウィル・ハーディ。6月頭に辞任したクイン・スナイダー(彼もポポビッチ門下生だ)に代わってユタ・ジャズの新HCに抜擢された。

 ハーディは12年前に大学卒業と同時にスパーズに入ると、フロントオフィスのインターンからスタートし、ビデオコーディネイターを経て、7年前にスパーズのアシスタントコーチに昇格した。間もなくポポビッチからの信頼が厚い若手コーチとして頭角を現し、将来のHC候補と評価されるようになった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 554文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ウィル・ハーディ
ユタ・ジャズ
グレッグ・ポポビッチ
ライアン・スミス

バスケットボールの前後の記事

ページトップ