SCORE CARDBACK NUMBER

物議を醸したジャズファンの野次。
未だに消えない人種差別の実態。
~NBAファンの良心が問われる~

posted2019/04/08 15:00

 
物議を醸したジャズファンの野次。未だに消えない人種差別の実態。~NBAファンの良心が問われる~<Number Web> photograph by AP/AFLO

場内が騒然となった3月11日の一戦はサンダーが勝利。ウェストブルックは23得点、8アシストをマークした。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

AP/AFLO

「ブーイングがシュートをブロックするわけではないから」

 3年前に引退したコービー・ブライアントの名言だ。敵地でどれだけブーイングされても、ファンはあくまで外野の存在であって、選手が戦う相手ではない。敵のコートでも力を発揮するために磨いたメンタリティだ。

 しかしどれだけメンタルが強くても、無視できない野次もある。オクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウェストブルックにとっては、3月11日、ユタ・ジャズのホームコート、ビビントスマートホーム・アリーナで、ベンチ近くから聞こえた野次がそうだった。

 近くにいた人が後に地元メディアに語ったところによると、最初はたわいもない野次だったのが、次第にエスカレートし、「前にやっていたように、ここにひざまずけよ」と、奴隷制時代を示唆するような野次に変わっていったのだという。怒ったウェストブルックが喧嘩腰で言い返し、その映像がSNSに上げられたことで話題となった。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ラッセル・ウェストブルック
ユタ・ジャズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ