マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

「ピッチャーかわいそう」批判も…夏の甲子園で衝撃だった24年前“延長15回サヨナラボーク”、現役高校球児(審判志望)は「素晴らしいです」

posted2022/07/18 11:02

 
「ピッチャーかわいそう」批判も…夏の甲子園で衝撃だった24年前“延長15回サヨナラボーク”、現役高校球児(審判志望)は「素晴らしいです」<Number Web> photograph by Sankei Shimbun

1998年夏の甲子園、宇部商vs豊田大谷高。延長15回裏0死満塁の場面、藤田修平投手のボークで宇部商がサヨナラ負けに。写真はボーク宣告の瞬間

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Sankei Shimbun

高校野球・夏の地方大会シーズン、京都外大西高の“ドラフト有力候補”を取材しているとき、「どうしても審判になりたい」という同校野球部2年・牧野壮良君に出会う。#1では牧野君が「なぜ審判を目指すのか?」を聞いた。後編では彼が忘れられないという、夏の甲子園“衝撃のシーン”を語ってもらった(全2回の2回目/#1へ)

「今年のウチは、たまたま西村(瑠伊斗、投手兼外野手)みたいな飛び抜けた選手がいるんですが、“審判部”では、牧野が西村以上に飛び抜けた存在ですね、間違いなく」

 京都外大西高・上羽功晃監督も「牧野(壮良)審判員」には、全幅の信頼を置く。

「何がびっくりしたって、練習試合で、球審より先に塁審の牧野がボークをとったことですね」

 高野連所属の球審より先にボークを見つけて、迷いなくコールしたのは牧野審判員のほうだった。

「しかも、ボークを宣告したの、相手チームの選手でしたから。もっとびっくりですよ」  

 百戦錬磨の上羽監督があきれたように笑っている。

「とにかく、意欲がハンパじゃないというか……本人が好きで、面白いと思ってやってるんでしょうね。審判としての知識や技能をどんどん吸収して、それをグラウンドで発揮してくれるから、実にイキイキといい空気出してくれてますね。本職の審判の方ともコミュニケーションをとっているので、ルールが細かいとこで変わってるとか、私の耳に直接入ってこないことも、牧野経由で気づくこともできる。もちろん、大戦力です」

「ボークのジャッジができた林さんはすばらしいです」

「ボークは100%見抜けます」

 牧野君はこういうセリフも、サラッと言ってのける。

「以前はとれませんでした。徐々に、実戦の中で回りが見えてきて、ボークのあり得る場面で、あるとすれば、ここは手が動くボークなのか、足が動くボークなのか……想定を立てて見られるようになって。でも、ものすごい勇気いるんですよ、いろんな意味で。思いがけなくやってしまったピッチャーのちょっとしたミスを、大きな声で『ザッツ、ボーク!』なんて、ほんま、なかなか言えませんよ」

 その「ボーク」について、牧野君には忘れられない衝撃のシーンがあるという。

 1998年8月16日、夏の甲子園大会。

 宇部商vs豊田大谷高の熱戦は2対2のまま、延長15回裏にもつれ込んでいた。

【次ページ】 「ボークのジャッジができた林さんはすばらしいです」

1 2 NEXT
京都外大西高校
西村瑠伊斗
宇部商業高校
早稲田大学

高校野球の前後の記事

ページトップ