プロ野球PRESSBACK NUMBER

中日・与田剛前監督が振り返る根尾昂“外野をトライさせた理由”「遠回りにはならないと」「投手挑戦にあたって資質の前に大事なのは…」 

text by

NumberWeb編集部

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2022/07/04 11:02

中日・与田剛前監督が振り返る根尾昂“外野をトライさせた理由”「遠回りにはならないと」「投手挑戦にあたって資質の前に大事なのは…」<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

昨年まで中日ドラゴンズを率いた与田剛氏。インタビュー後編では、監督就任中に試みた根尾昂の外野手起用、そして今季の「投手転向」について語った

「投手としての資質の前に大事なのは…」

――大阪桐蔭時代の恩師である西谷浩一監督は常々「根尾を伸ばし切れなかった……」と後悔を口にしていました。根尾選手は感覚が独特で、器用なようで不器用なところもたくさんあるんだ、と。とにかく指導が難しい選手だと話していました。

与田 適性を見抜くことは、なかなか難しいと思います。ただ、向き不向きではなく、選手がどれだけ前向きかが大切だと考えています。私は決して、根尾にショート失格の烙印を押したわけではありません。

 うちには守備に優れた京田というレギュラーがいて、京田と比べると根尾はレギュラーを争えるレベルではなかったですし、京田が他のポジションに回るというのも現実的ではありませんでした。だったら、根尾が外野をやることで一軍の出場機会を増やしつつ、自分の可能性も広げていって欲しかったんです。外野の経験が内野手でも活かされるだろう、と。その思いを根尾自身がどこまで理解し、どれだけ前向きだったのかが大切だと思います。これから根尾が本格的に投手に挑戦するにあたって、投手としての資質の前に大事なのは、そこにある気がします。もちろん、彼が決断した以上は、投手として大成することを祈っています。

――またいつか監督としてユニフォームを着たいと思いますか。

与田 今は全く考えられません。

――そんなにすぐ「次」を考えられるような職業ではないのでしょうね。

与田 確かに、監督は難しい仕事でした。なかなかファンのみなさんを喜ばせるような結果を出せず、悩み続けた3年間でしたが、野球人としてこんなに幸せな立場はありません。監督として最高の喜びは、ファンや選手、スタッフみんなが喜びを感じること。もちろんユニフォームを着ていなくても幸せなことはたくさんありますけど、ユニフォームを着ている間は、好きな野球に100%向き合える。野球人にとって、それ以上の幸せなんてありません。

#1から読む
中日前指揮官・与田剛が語る“プロ野球監督”という仕事「すべて思い通りになるのは1割、2割」…在任中に思い浮かべた“あの名将たち”
この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3
与田剛
中日ドラゴンズ
根尾昂
西谷浩一
大阪桐蔭高校

プロ野球の前後の記事

ページトップ