格闘技PRESSBACK NUMBER

那須川天心23歳、武尊戦後の独白「ボクシング? まだちょっと余韻に」「やりたいこと…サバゲーかな(笑)」酷評されたメイウェザー戦も糧に 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byTHE MATCH 2022/Susumu Nagao

posted2022/06/23 17:03

那須川天心23歳、武尊戦後の独白「ボクシング? まだちょっと余韻に」「やりたいこと…サバゲーかな(笑)」酷評されたメイウェザー戦も糧に<Number Web> photograph by THE MATCH 2022/Susumu Nagao

6月20日、『THE MATCH 2022』の一夜明け会見に出席した那須川天心。その表情は晴れやかだった

「僕の友達や身内、いつも応援してくれる人でも、武尊選手のことをすごく応援したくなったといっていました。RISEしか観ていなかった人がK-1を観たくなったりね」

 いがみ合い、選手の引き抜きが絶えないキック界に「もっと仲良くやろうよ」と和平を呼びかけることができるのが、那須川天心の本当の強さだった。

「選手同士はいがみ合っているわけではないし、一番になりたいと思っているのは一緒。問題は大人の事情だけです。ここでひとつになったんだから、またひとつになるチャンスはあるはず」

「ボクシング? とりあえずちょっと余韻に…」

 ラストマッチ後、那須川は初めて一睡もせず一夜明け会見に臨んだ。その後、筆者に「昨晩は試合を何百回と見返したり、友人や知人に連絡していた」と打ち明けた。決戦直前になりフジテレビは放送を取りやめたが、ABEMAによる有料配信(PPV)は50万人以上が購入というレコードを残した。

 格闘技の放送・配信は新たなステージに突入したのかもしれない。那須川も「反響は地上波で格闘技をやっていたとき以上にあった。時代も変わってきているのかなと思いました」と新しい風を感じている。

 まだ自分のキックボクサー人生を振り返る余裕はない。

「そういうことをするのは、もっと落ち着いてからでしょうね」

 そもそも、那須川は過去に大きなこだわりは持たず、「自分はこんなことをしていたと自慢するような人にはなりたくない」と考えるタイプだ。

「未来を語る方がカッコいいですよ。絶対に」

 とはいえ、那須川にとっても武尊戦のインパクトは想像以上に大きく、次のステージに対する言及は避けた。

「ボクシング? とりあえずまだちょっと余韻に浸っていたい」

 元キックボクサーとなった現在、何をやりたい?

「なんですかね。サバゲーかな(笑)。まだやったことがないので、ちょっと行きたいと思っています」

 歴史に残る変革者は、8年前のデビュー当時と同じ、少年のような穏やかな微笑を浮かべた。<前編から続く>

#1から読む《独占インタビュー》那須川天心が感じていた“武尊に勝ってもらいたい”という空気「こういう気持ちになったのは、堀口さんとの試合以来」

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4
那須川天心
武尊
フロイド・メイウェザー・ジュニア
那須川弘幸

格闘技の前後の記事

ページトップ