プロ野球PRESSBACK NUMBER

日ハムOB・西崎幸広が本音で語る“新庄BIGBOSSの序盤戦” 若手の積極起用、リーグ最下位の防御率…今「踏ん張りどころ」のベテランとは? 

text by

元永知宏

元永知宏Tomohiro Motonaga

PROFILE

photograph byJIJI PRESS

posted2022/06/23 11:01

日ハムOB・西崎幸広が本音で語る“新庄BIGBOSSの序盤戦” 若手の積極起用、リーグ最下位の防御率…今「踏ん張りどころ」のベテランとは?<Number Web> photograph by JIJI PRESS

球団OBで野球評論家の西崎幸広氏は、BIGBOSS率いるここまでの日本ハムをどう見るのか

“二刀流候補”上原は「まずはピッチャーとして一本立ちしてほしい」

――経験豊富な宮西の力が必要とされるときが来るでしょうか?

西崎 それは絶対にありますよ。いま、宮西がどんな気持ちでいるのか。腐ったら終わりですから。宮西の連続試合登板という記録を新庄監督がどう考えているのかも気になりますね。

――ピッチャーとバッターの二刀流として期待されるサウスポーの上原健太についてはどう評価していますか?

西崎 ドラフト1位で入団した選手で期待は高かったんですが、故障もあって、プロ6年間で7勝とくすぶっていました。今年チャンスをもらって伸びつつある選手のひとりです(2勝1敗、防御率2.43)。上半身と下半身のバランスがよくなって、ピッチングフォームがスムーズになってきています。バッティングがいいので「二刀流も」と言われていますが、まずはピッチャーとして一本立ちしてほしい。ローテーション投手として実績を残してからが勝負ですよ。メジャーリーグで二刀流が認められた大谷翔平は100年にひとりの選手ですから、同じようにはできません。

<後編へ続く>

#2に続く「俺、見る目があったなと(笑)」元日本ハム・西崎幸広が見た“11年目松本剛のブレイク”…清宮幸太郎は成長見えるも「まだまだ課題」

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
西崎幸広
新庄剛志
宮西尚生
上原健太
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ