Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[指揮官が語る怪物起用術]井口資仁「“完全降板”決断の真相」

posted2022/06/02 07:03

 
[指揮官が語る怪物起用術]井口資仁「“完全降板”決断の真相」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

4月17日、日本ハム戦。史上初となる2試合連続の完全試合を目前に、佐々木朗希はマウンドを降りた。賛否両論を覚悟して断を下した指揮官の信念とは。その礎には、入団時からの綿密な育成計画があった。

 2試合連続の完全試合を目前にした投手を降板させる。ひと昔前なら考えられない決断で、批判が集中してもおかしくなかったはずだ。しかし大記録に手をかけていた佐々木朗希投手を、8回で降板させたロッテ・井口資仁監督の決断に、球界内外から支持する声が多く寄せられている。

 記録のためではなく選手の将来を最優先したこの交代は、日本球界にとり、将来への一つのメルクマールとなる決断だったかもしれない。だからこそ、一番気になるのは、井口監督がいつ、どのタイミングであの降板を決断したのかということだ。

 実は完全試合を達成した4月10日のオリックス戦の佐々木の球数は全105球で、8回終了時点では98球だった。一方、17日の日本ハム戦の8回降板時の球数は102球である。その差はわずかに4球でしかない。表面的には、球数100球を越えた時点で次のイニングに入らないというのが降板ラインとなっているように見える。しかしオリックス戦で、8回に球数が100球に到達していたとしても、井口監督は「9回も投げさせていますよ」と断言するのだ。

 それではどういう基準で17日の日本ハム戦で8回降板という決断がなされたのか。井口監督はそのプロセスをこう説明する。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3862文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

井口資仁
佐々木朗希
千葉ロッテマリーンズ
奥川恭伸
大船渡高校
國保陽平

プロ野球の前後の記事

ページトップ