Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[番記者は震えた]2022.4.10 完全試合ドキュメント

posted2022/06/02 07:02

 
[番記者は震えた]2022.4.10 完全試合ドキュメント<Number Web> photograph by KYODO

text by

金子真仁(日刊スポーツ)

金子真仁(日刊スポーツ)Masahito Kaneko

PROFILE

photograph by

KYODO

大船渡高時代から佐々木を追う記者は、興奮の坩堝となった球場で何を書き、いかにその心を揺さぶられたのか。野球史に残る1日の、迫真の記録。

 買ったばかりのアップルウォッチは、持ち主の健康状態を教えてくれる。スコアブックにスタメンを書き入れた4月10日、午後1時45分。佐々木朗希がシーズン3度目の先発マウンドへ向かう直前に、震動とともに〈心拍数が120を超えました〉と腕時計に表示された。何か興奮の予兆があったのだろうか。

 ZOZOマリンに漂う空気はいつも通りだ。ロッテのブルペンは一塁側スタンド下、右翼寄りにある。試合開始の30分ほど前。ホワイトボードにオリックスのスタメンが書かれ、準備が始まる。ブルペン捕手の小池翔大がウオーミングアップに付き合う。

「いつもの朗希、いつもの試合と同じでしたね。特段、何かやるなっていうのもなかったです」

 2年前の春、沖縄。多くの報道陣にブルペンを囲まれる中で、小池は黄金ルーキーと18.44mの空間を挟んで向き合った。

「それまでも球は見てましたけど、いざ捕るとなると、違う緊張感があるというか」

 修徳学園中、常総学院高、青山学院大とアマチュアトップ級を全て見てきた捕手も認める、比類なき素質。だが、今年は手のひらへの強烈な圧が段違いだという。

「ベース板、打者の手元の球の強さを今年は特に感じます。同じシュート回転のボールでも、今までと手元の強さが全然違う。とにかく打者が打ちづらいというか、前に飛ばすことは困難なのかなと」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4923文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

佐々木朗希
千葉ロッテマリーンズ
小池翔大
藤原恭大
松川虎生
佐藤都志也

プロ野球の前後の記事

ページトップ