Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[代表キャプテンの告白]吉田麻也「旅はまだ終わらせない」

posted2022/05/08 07:05

 
[代表キャプテンの告白]吉田麻也「旅はまだ終わらせない」<Number Web> photograph by AFLO

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph by

AFLO

もう10年以上も欧州とアジア各地との過酷な往復を続けてきた。腕章の重みを感じながら、いきなり躓いたW杯アジア最終予選中、33歳になった“闘将”は心と体のコンディションをいかに保ったのか。

 日本代表の主力に定着したのが2011年1月だから、吉田麻也は10年以上も過酷な“旅”を続けてきたことになる。所属クラブの試合が終わると、すぐさま空港へ。日本やアジア各地での激闘を経て、また欧州にとんぼ返り。パスポートに押されたスタンプは、もはや数えきれない。

 33歳になって、飛行機内での過ごし方は随分変わった。20代の頃は、試合での疲労による睡魔に抗えず、シートに座った体勢のまま、離陸する前に爆睡し、着陸の衝撃で目覚めることすらあった。

「今は、絶対にしない。例えば12時間のフライトだったら、まず脱水症状にならないように水分補給をします。血流を良くして足のむくみを取るソックスを履いて、シートベルト着用サインが消えたらマットレスを敷いて寝る。4時間ごとに起きてストレッチをして、マッサージ器具で体をほぐしてから、もう一度寝る。この繰り返しです。機内に限らず、普段から1日何リットルの水を飲むべきか、どれくらい寝て、休んで、食べるかをずっと考えています。おっさんになっちゃったんです(笑)」

 前回のロシア大会までは、最終予選の前に調整のための親善試合が組まれることが多かった。ところが今回のカタールW杯予選は、コロナ禍によりフライト後すぐのぶっつけ本番ばかり。機内での徹底した自己管理がなければ、まともなコンディションでピッチに立つことは難しかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4075文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

吉田麻也
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ