Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[トップ選手のリアル]南野拓実「リバプールに来たから見えたもの、を伝えたい」

posted2022/05/07 07:05

 
[トップ選手のリアル]南野拓実「リバプールに来たから見えたもの、を伝えたい」<Number Web> photograph by Getty Images

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

Getty Images

多くの欧州組日本人選手の中で、最も強く豪華なクラブでプレーしているのは、間違いなく彼だろう。世界的名手たちに阻まれ、出場機会も限られる中、日本の10番が「成長している」と言い切る理由とは。

「拓実が世界最高の環境で日々トレーニングして戦っていることを、本人も周りの人たちも忘れないでほしいと思います。あのプレミアの厳しい環境で、優勝争いをするチームで日々戦えていることは、成長することを考えたときには大きなアドバンテージだから」

 マンチェスター・ユナイテッドが最後にプレミアリーグで優勝したときのメンバーである香川真司は先日、そう語った。

 今シーズンのヨーロッパクラブランキングで首位に立つリバプール(以下のデータは全て、チャンピオンズリーグ準々決勝終了時)。そんなクラブに所属し、日本代表で10番を背負うからこそ、南野拓実はメディアから繰り返し問われる。

「試合出場が少ないですけど、コンディションは大丈夫ですか?」

「試合勘は問題ないですか?」

 昨シーズンまでなら「確かにプレー時間は短いですけど……」と口ごもることもあった。だが、そうした質問への反応は、この1年で大きく変わった。

「自分が成長しているという手応えを感じていますから。それがないと、心が折れてしまいますよ」

 では、どうやって成長の手ごたえをつかんでいるのか――。その話には前提がある。プレミアリーグは選手が成長するためのリーグではなく、成長した選手が集まるリーグだということだ。大会と試合数が多いからこそ、練習が少なくなってしまい、試合にコンスタントに出られない選手が成長するための環境が十分ではない。リバプールのように、国内リーグに加え、チャンピオンズリーグ、FAカップ、リーグカップで勝ち進むチームならばなおさらそうだ。南野は笑う。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3386文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

南野拓実
リバプール
香川真司
ジェイムズ・ミルナー
モハメド・サラー
カタールW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ