Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[北の名門で躍動する]セルティック4人衆にグラスゴーは夢を見る

posted2022/05/07 07:02

 
[北の名門で躍動する]セルティック4人衆にグラスゴーは夢を見る<Number Web> photograph by TAIZO De La Smith(Illustration)

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph by

TAIZO De La Smith(Illustration)

中村俊輔が確かな足跡を残したスコットランド随一の名門クラブで、現在4人もの日本人がプレーする。彼らは共に闘うことに何を感じ、熱狂的なファンは4人に何を期待しているのか。現地の声を聞いた。

 セルティックパークはいつものように緑色で、ぶ厚い歓声が赤レンガのスタンドからピッチに降り注がれていた。

 前田大然が競走馬の脚力で相手センターバックを追いかけ回している。旗手怜央の左足からは力の抜けた、心地よいパスが紡がれる。終盤には井手口陽介も出てきた。負傷離脱中だった古橋亨梧を加えると、セルティックには4人の日本人選手がいる。

 セルティックは勝った。ボール支配率は77%。国内の中小クラブを圧倒する景色は昔のままだ。

 勝利の歌声が響く中、スタンドの一角で日の丸の旗が舞っていた。

 グラスゴー郊外にある、セルティックの練習場に連れて行ってくれた運転手は82歳だった。延々と続く、羊が放牧された農場横の小道を巧みなハンドルさばきですり抜けていく。

「ゆりかごからパークヘッドへ。4歳の頃、初めてセルティックの試合を見た」

 1967年、彼は父親とリスボンまでバスで向かい(1週間かかった)、唯一のチャンピオンズカップ制覇を目にした。

「もう一度、あの舞台で活躍するチームを目にしたいものだ。シュンスケ・ナカムラがいた時代、我々はCLの常連だった。今は君んところの日本人がたくさんいるが、キョーゴはいいぞ。また夢を見させてくれそうだ」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2367文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

セルティック
中村俊輔
前田大然
旗手怜央
井手口陽介
古橋亨梧
アンジェ・ポステコグルー

海外サッカーの前後の記事

ページトップ