ハマ街ダイアリーBACK NUMBER

「去年の僕は木の根っこがない状態でした」上茶谷大河25歳が振り返る“プロ生活”…なぜ4年目で“怪我リスクの高いフォーム”に戻すのか? 

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph byKYODO

posted2022/04/25 11:01

「去年の僕は木の根っこがない状態でした」上茶谷大河25歳が振り返る“プロ生活”…なぜ4年目で“怪我リスクの高いフォーム”に戻すのか?<Number Web> photograph by KYODO

4月16日のヤクルト戦(横浜)で自身初となるマダックスを達成したDeNAの上茶谷大河投手。プロ4年目の25歳はどんな思いで“勝負の1年”を迎えたのか

「自信を持ってますんで、僕を信じてください」

 その覚悟を感じた言葉に上茶谷はうなずいた。

「イニング間にいろいろコミュニケーションを取りながら、あとはサインに従って僕は投げるだけでした。だから祐大には本当に感謝しかありませんね」

ようやく掴んだ新武器「140キロ台前半の鋭いシュート」

 球種の中でとくに威力を発揮したのは、今季から使用している140キロ台前半の小さく変化する鋭いシュートだ。上茶谷は基本、ストレートと数種のカットボールをベースとしたピッチングスタイル。そこに“対”になる変化球を求めていた上茶谷は、これまでツーシームなどを試してきたが、ここに来てシュートという新たな武器を手に入れた。

「じつは昨年の秋から取り組んではいたんです。最初は『果たしてこれは本当にシュートなのかな?』というところから始まって(苦笑)。正直、手応えも武器になる感覚も全くなかったんですよね」

 トライはしてみたものの、あくまでも何となく試す程度のものでしかなかった。そのシュートがクローズアップされるきっかけとなったのは宜野湾での春季キャンプだ。ブルペンでピッチングをしている上茶谷を見て、今季から就任した齋藤隆チーフ投手コーチは声をかけた。

「シュート投げられそうだよね」

 そう言われた上茶谷が「じつは……」と昨年の秋から取り組んでいることを話すと、本格的にトライしていくことになった。自信はあまりなかったが、齋藤コーチから「いろいろとやっていくなかで、自分のボールになっていくから」と言われ、試行錯誤は始まった。

三浦監督「取り組んだ以上、投げるのを止めるな」

 練習試合やオープン戦で被弾して不安になることもあったが、三浦大輔監督から「取り組んだ以上、投げるのを止めるな」と助言を受け、我慢強く使いつづけた。

「三浦監督にそう言われて、どんどん投げているうちに新しい感覚みたいなものが生まれてきてバチッとハマった感じですよね」

 上茶谷は目を輝かせる。新しい感覚といえばフォークもそうだ。先のヤクルト戦では使用頻度はさほど多くないが、追い込んでからのフォークが効果的に決まっていた。これまでの上茶谷は追い込むとカットに頼るパターンが多く、以前から空振りを取れる落ち球を欲していた。

【次ページ】 ハマの大魔神からのアドバイス「手首を使え」

BACK 1 2 3 4 NEXT
横浜DeNAベイスターズ
上茶谷大河
三浦大輔
齋藤隆
佐々木主浩

プロ野球の前後の記事

ページトップ