プロ野球PRESSBACK NUMBER

「ロウキのストレートは凄いよ」佐々木朗希の快挙にマーティンが大喜びした理由…9年前、ベンチに帽子を叩きつけた“完全試合未遂” 

text by

千葉ロッテマリーンズ取材班

千葉ロッテマリーンズ取材班Chiba Lotte Marines

PROFILE

photograph bySankei Shimbun

posted2022/04/17 11:02

「ロウキのストレートは凄いよ」佐々木朗希の快挙にマーティンが大喜びした理由…9年前、ベンチに帽子を叩きつけた“完全試合未遂”<Number Web> photograph by Sankei Shimbun

完全試合を達成後、マーティンとハグをして喜ぶ佐々木朗希

 次回登板となった4月3日の埼玉西武ライオンズ戦(ZOZOマリンスタジアム)はストレートを軸に、“打てるものなら打ってみろ”と言わんばかりの強気の投球を見せた。8回、被安打3、1失点、13奪三振の好投で今季初勝利を挙げると、その次の登板で「伝説」を作った。

「オレはこれまでメジャーも経験して色々なピッチャーを見てきている。その中でもロウキは最高のピッチャーの1人だ。本当に今回、こうやって完全試合に立ち会うことが出来たのは誇りだよ」

 マーティンは誰よりも喜び、まくし立てるように令和の怪物を賞賛し続けた。佐々木朗希もまた嬉しそうにそんなマーティンに歩み寄り、「やったよ」とガッツポーズをした。

「基本的には英語で話しかけてくるよね。彼の性格をひと言でいうと『小さな大人』だね。まだ子どもっぽいところが残るけど、素晴らしい大人でもあるという事。彼は素晴らしい才能の使い手。彼の才能にリミットなんてない。ボクはそう信じているよ」

 マーティンと佐々木朗希のロッカールームは同じ並びにある。場所でいうと4人ほど挟んでいる。しかし、暇さえあれば佐々木朗希はマーティンに声を掛け、嬉しそうにしている。

「ほとんどジョークさ」と言いながらクククと笑うマーティンもまた本当に嬉しそうな笑顔を見せる。この2人、まだまだ伝説を作ってくれそうだ。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3
千葉ロッテマリーンズ
佐々木朗希
レオネス・マーティン
ダルビッシュ有

プロ野球の前後の記事

ページトップ