審判だけが知っているBACK NUMBER

<私が裁いた名勝負>騒動から4年、ついに日本人が獲るのか。 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

posted2022/03/11 07:00

<私が裁いた名勝負>騒動から4年、ついに日本人が獲るのか。<Number Web>

横山恭爾さん

語り継がれる名勝負をその演者のひとり、審判が振り返る。彼しか知らない新たな景色が見えてくる。

2014年 ソチオリンピック
スノーボード 男子ハーフパイプ
2月11日/ロザ・フトル・エクストリーム・パーク

15歳の平野が1本目で唯一の90点台を叩き出して迎えた2本目、ポドラドチコフがヨーローフリップを決めトップに立つ。1本目でミスした技を成功させた平岡は2位につけたが、平野が高い完成度で魅せ、再び平岡を上回って銀メダル。ホワイトは4位にとどまり、平岡は銅に輝いた。

   ◇

 本来であれば五輪のジャッジはソチの前、'10年のバンクーバーで卒業だと思っていました。というのも國母カズ(和宏)がいたからです。初採用された'98年の長野ではパイプの設営に関わり、その次からはジャッジを務めてきました。いつか日本人が表彰台に上がるのを見たいと思ってやってきて、カズなら絶対にメダルを獲ってくれるだろうと期待していたんです。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1434文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

國母和宏
平野歩夢
平岡卓
ユーリ・ポドラドチコフ
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ