プロ野球PRESSBACK NUMBER

「陸上選手よりも速い」野球界のスピードスターの“速さ”を「50m走のタイム」で判断していいのか問題 

text by

西尾典文

西尾典文Norifumi Nishio

PROFILE

photograph bySankei Shimbun

posted2022/02/04 11:07

「陸上選手よりも速い」野球界のスピードスターの“速さ”を「50m走のタイム」で判断していいのか問題<Number Web> photograph by Sankei Shimbun

プロ初盗塁を決めるヤクルト並木秀尊。プロ入り前の50m走で「5.32」を記録したことで注目を集めていた

 そしてタイムから見えてくるものはその選手の脚力だけではない。走塁に対する意欲も如実に表している。いくら足が速くても一塁まで流して走る選手はプロだけでなくアマチュア野球にも非常に多い。本気で走れば速いのだからそれでも良いという考え方もあるが、そういった姿勢はなかなか直らないものである。

 昨年大ブレイクしたオリックスの主砲・杉本裕太郎は、抜群の俊足というわけではないが常に足を緩めない選手。筆者が見た、青山学院大時代の杉本が放った7本の内野ゴロのうち6本のタイムが4.3秒台だった。右打者のスラッガータイプは一塁到達5.00秒を超えるケースも多い中でこの数字は立派という他ない。

 最近では「パ・リーグTV」などで各塁の到達タイムが紹介されていることもあるが、まだまだ一般的ではない。普及のためにもテレビ中継でスピードガンのように常に各塁への到達タイムを紹介することができないだろうか。現在の映像技術ではきっと可能なはずである。

 野球界のためにも陸上界のためにも、野球選手の俊足を示す基準として各塁の到達タイムが浸透することを望みたい。

#2に続く周東佑京、和田康士朗に続く“俊足ランナー”候補は? 一塁への到達タイム「4秒切り」のスゴい脚リスト

関連記事

BACK 1 2 3
塩見泰隆
松原聖弥
和田康士朗
小深田大翔
桐生祥秀
小池祐貴
丸山和郁
並木秀尊
周東佑京
島田海吏
辰己涼介
藤原恭大
五十幡亮汰
杉本裕太郎

プロ野球の前後の記事

ページトップ