Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[元主将・本橋麻里のエール]カーリング女子「もっと、ステイ・ポジティブ」

posted2022/02/05 07:04

 
[元主将・本橋麻里のエール]カーリング女子「もっと、ステイ・ポジティブ」<Number Web> photograph by AFLO

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

AFLO

平昌では「ステイ・ポジティブ」を掲げ、見事歓喜と涙の銅メダル。しかしその後の4年、彼女たちは幾多の逆境と対峙し続けた。前大会主将が語る「ポジティブ」の向こう側とは。

 平昌五輪で溢れた彼女たちの笑顔は、多くの人の記憶に強く残っているだろう。日本代表として出場したロコ・ソラーレの選手たちは、チームとして掲げたスローガン「ステイ・ポジティブ」の通り、試合中は互いに常に前向きな言葉を掛け合い、明るい姿を見せ、日本カーリング界初の表彰台となる銅メダルを獲得。日本中の関心を集め、カーリングの認知度向上にも寄与した。

 あれから4年。チームの主将を務め、平昌では黒子に徹した本橋麻里は、ロコ・ソラーレの代表となり、新たにメンバーを迎えて、彼女たちは2度目の大舞台への切符を手繰り寄せた。

 しかし、そこに至るまでにロコ・ソラーレにはいくつもの関門が立ちはだかった。なかでも、瀬戸際とも表せる状態に陥ったのが、昨年9月、北海道銀行(現フォルティウス)との間で行なわれた代表決定戦だった。ここで勝ったチームは12月の世界最終予選の参加が決まり、上位3カ国のみに与えられる出場権を得れば、そのまま日本代表に決まる。先に3勝したチームが代表権を得る決定戦で、ロコ・ソラーレは連敗を喫し、もう1試合も負けられないという崖っぷちに立たされた。

 だが、そのままでは終わらなかった。第3戦からなんと3連勝し、大逆転で世界最終予選の出場権を手にしたのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2361文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ロコ・ソラーレ
本橋麻里
藤澤五月
吉田知那美
石崎琴美
吉田夕梨花
鈴木夕湖
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ