新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『0から1をつくる 地元で見つけた、世界での勝ち方』
“マリリン”の考える、「楽しいカーリング」とは。

posted2019/03/13 07:00

 
『0から1をつくる 地元で見つけた、世界での勝ち方』“マリリン”の考える、「楽しいカーリング」とは。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『0(ゼロ)から1(イチ)をつくる 地元で見つけた、世界での勝ち方』本橋麻里著 講談社現代新書 880円+税

text by

長谷正人

長谷正人Masato Hase

PROFILE

photograph by

Sports Graphic Number

 カーリングが「楽しい」とはどういうことか。ひいてはスポーツが「楽しい」とはどういうことなのか。スポ根的に「苦しんで」スポーツをやることとはどう違うのか。平昌五輪女子カーリングで銅メダルを獲得したLS北見(現在はロコ・ソラーレ)の創設者・本橋麻里が、本書で自分のカーリング人生を振り返って主張するのは、ほとんどそのことに尽きる。

 彼女はチーム創設以来、メディアが「五輪出場」という分かりやすい目標を期待してくるインタビューに対して「自分たちの楽しいカーリングをするだけです」と消極的に応じてきたが、それは「自己満足」だという批判に晒された。彼女はいま、自分は説明不足だったと反省する。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

本橋麻里
長谷正人

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ