村田諒太「王者の本棚」BACK NUMBER

『父さんの宝物』クリスチャンの医師が綴る、ユーモアあふれる子育て録。 

text by

村田諒太

村田諒太Ryota Murata

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2022/02/02 07:00

『父さんの宝物』クリスチャンの医師が綴る、ユーモアあふれる子育て録。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『父さんの宝物』山浦玄嗣著 イー・ピックス 1650円

「古き良き昭和の日本」の光景に触れることができた気がして、何だか心が温かくなりました。

 著者の山浦玄嗣さんは昭和15年生まれの医師で敬虔なクリスチャンでもあります。東北大学の助教授を務められた後に郷里の岩手県大船渡市で医院を開業され、この本は8人の子どもたちとのやり取りを綴った言わば“子育て録”。僕は今まさに子育て真っ最中なので、いちいち参考になります。

 序章にはこのようにあります。

「父親はみずから父親になるのではなく、子どもによってむりやりに父親にならされるのである。父親は子どもの偉大な師であるが、子どももじつは父親の生みの親である」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 618文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

他競技の前後の記事

ページトップ