村田諒太「王者の本棚」BACK NUMBER

『なぜ私だけが苦しむのか――現代のヨブ記』絶望の淵に立たされたとき、自分とどう向き合うべきか。 

text by

村田諒太

村田諒太Ryota Murata

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2021/12/30 07:00

『なぜ私だけが苦しむのか――現代のヨブ記』絶望の淵に立たされたとき、自分とどう向き合うべきか。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『なぜ私だけが苦しむのか――現代のヨブ記』H.S.クシュナー著 斎藤武訳 岩波現代文庫 1254円

 旧約聖書にある「ヨブ記」をご存知でしょうか。敬虔なヨブが財産、家族を失い、そして皮膚病に襲われて絶望の淵に立たされながらも神への信仰を失わないというストーリーです。

 本書の著者、ラビ(ユダヤ教の教師)であるクシュナーさんは、3歳の息子アーロンくんが早老病にかかり、10年ほどしか生きられないと告げられます。

 正しく生きているのに、どうして自分の家族が、息子が耐えがたい苦しみを与えられなければならないのか。自己憐憫の日々を送ることになります。

 そして息子の死という大きな悲しみを乗り越え、彼は本書を執筆します。1981年にアメリカで刊行されると反響を呼んでベストセラーとなり、世界14カ国において翻訳されているそうです。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 608文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

他競技の前後の記事

ページトップ