新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『スポーツ根性論 の誕生と変容――卓越への意志・勝利の追求』大松イズム、円谷幸吉から見えてくる「真の根性論」とは。 

text by

平尾剛

平尾剛Tsuyoshi Hirao

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2022/02/01 07:00

『スポーツ根性論 の誕生と変容――卓越への意志・勝利の追求』大松イズム、円谷幸吉から見えてくる「真の根性論」とは。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『スポーツ根性論 の誕生と変容――卓越への意志・勝利の追求』岡部祐介著 旬報社 1980円

 スポーツに根性は不可欠である。根性なくしてハイパフォーマンスは望めない。元ラグビー選手として、ここは譲れない。だからといってむやみやたらに根性をつければいいというわけでもない。鉄は熱いうちに打てとばかりに指導者が選手に苦しさを押しつけるのはむしろ不毛である。理不尽さを耐え忍ぶ環境に長らく置かれると、主体性が欠落した従順なマインドがつくられるからだ。

 暴力的な言動による指導がいまだ続くスポーツ界では、古典的な根性論がまかり通っている。今でこそパワーハラスメントが社会問題化しているが、もともと根性論への信奉はスポーツ界以外でも多く見られた。何をするにおいても心構えが大切なことは古来ずっと言われてきたし、「根性=精神なるもの」の効用は、学業や仕事などの場面で実のところ多くの人が実感していると思われる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 620文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

大松博文
円谷幸吉

他競技の前後の記事

ページトップ