Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[全日本選手権詳報]羽生結弦「結晶の舞台へ」

posted2022/01/07 07:06

 
[全日本選手権詳報]羽生結弦「結晶の舞台へ」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

右足首の負傷からの復帰戦、五輪シーズン初戦の舞台は代表選考会を兼ねた全日本選手権となった。初披露で高い完成度を見せたショートの新プログラム、そしてついにフリーに組み込まれた4回転アクセル。北京の地で、その夢は美しい結晶となって輝くのか――。

 眼光はひときわ鋭かった。滑り終えた安堵でも、喜びでもなく、そこには限りない困難に挑んだ者ならではの、射抜くような眼差しがあった。

 2021年12月26日。全日本選手権フリーの最終滑走者、羽生結弦は、圧倒的な存在感をもって4分間を滑り切った。

 約8カ月ぶりの試合だった。

 本来、今シーズンの初戦となるはずだったNHK杯(11月12日開幕)の8日前、右足関節靱帯の損傷で欠場を発表。その2週間後のロシア大会も欠場を余儀なくされたことで、北京五輪代表の選考会も兼ねた全日本選手権が初めての実戦の場となった。

 12月22日の公式練習は欠席したもののその夜の開会式に出席、ときに笑顔交じりで元気な姿を見せた羽生は、12月23日午後に行なわれた公式練習で、ついに氷上に上がった。

 怪我からの回復具合はどうか。どこまで調子を取り戻しているのか――それは杞憂であった。いや、その姿は前月に怪我をしたことを思えば、驚きのほかなかった。

 白のジャージをまとう羽生は滑り始めると、確認するように会場を見渡す。

 3回転ループ、オイラーを挟む3連続ジャンプを確認し、4回転トウループを成功させる。軽やかであった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4830文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

羽生結弦
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ