バレーボールPRESSBACK NUMBER

バレーボール歴5年で「世界」を意識する高橋慶帆(3年)に福澤達哉が教えた英語の習得法とは?《圧巻のジャンプ力に注目》 

text by

NumberWeb編集部

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

PROFILE

photograph bySankei Shimbun

posted2022/01/04 17:02

バレーボール歴5年で「世界」を意識する高橋慶帆(3年)に福澤達哉が教えた英語の習得法とは?《圧巻のジャンプ力に注目》<Number Web> photograph by Sankei Shimbun

今年からアウトサイドヒッターに転向した習志野高校・高橋慶帆(3年)。春高バレー初戦は京都府代表の東山高校と対戦する

福澤 それは留学? それとも海外リーグへの挑戦? 

高橋 バレーボールでチャレンジしたいと思っています。

福澤 素晴らしい! 英語は難しい?(笑)。

高橋 話すことがすごく難しいです。文法ができても話せなかったら意味がないので、少しずつ、恥ずかしがらずに話せるようになれたらと思っています。福澤さんは海外でのプレー経験がありますが、いい勉強法はありますか?

福澤 僕も高校ぐらいのときから海外に行きたいと考えていて、英語を勉強しなきゃと思って始めました。でも、日本の英語の授業は基本的にライティングとリーディング。でも現地で何がいちばん必要だったかというと「相手が何を言っているか」。100%理解できなくても、「OK、OK」「サンキュー」だけでも会話は成り立つんです。

 アドバイスするとしたら、まず耳を慣らす。ひとつの英文、短い会話文みたいなのをひたすら聞いて、それをノートに書く。どの音が拾えて、どの音が拾えないかみたいなのを意識することが大事かな。あとは、英文のスピードに沿って自分も一緒に声に出してみる。これだけで英語力は劇的に上がる。あ、これ、バレーボールと関係なくなってきてるいね……ごめんなさない(笑)。

高橋 とても勉強になります!(笑)。

福澤 でも、そういう意識の変化は、必ずプレーに返ってくると思います。陸上の桐生(祥秀)選手が日本人で始めて9秒台を出したことがあったでしょ? そのあとすぐに1人、2人と9秒台が続いた。たぶん、他の選手たちも「9秒台」をリアルに感じられたんだと思う。そうやって結果や事象をリアルに捉えることはすごく重要なんです。今、石川祐希や西田有志、高橋藍がイタリアに行ったけど、たぶん慶帆くん世代も彼らの姿を見て「自分も頑張れば届くかも」と思えるはず。とても幸せな環境だから、ぜひ目標を高く持ってかんばってほしいです。

高橋 貴重なアドバイスありがとうございます。まずは春高で日本一を取れるように頑張ります。

福澤 頑張ってください。応援しています!

★春高バレー放送情報
『ジャパネット杯 春の高校バレー』フジテレビ系列全国ネット…男女準決勝 1月8日(土)16時~17時30分/男子決勝 1月9日(日)13時30分~14時55分/女子決勝 1月9日(日)16時~17時40分
※なお、大会全試合はフジテレビCS放送やSPORTS BULL『バーチャル春の高校バレー』のインターネット配信でもお楽しみいただけます。

#3に続く春高バレー王者・就実が誇る最強ツインズに“双子の母”大山加奈も「うちの子たちも十数年後には…」深澤姉妹が語った連覇への抱負

関連記事

BACK 1 2 3
習志野高校
高橋慶帆
福澤達哉
石川祐希
高橋藍
西田有志

バレーボールの前後の記事

ページトップ