Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[若きエースが語る躍進の1年]奥川恭伸「勇気の呪文を胸に」

posted2021/12/02 07:02

 
[若きエースが語る躍進の1年]奥川恭伸「勇気の呪文を胸に」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

text by

佐藤春佳

佐藤春佳Haruka Sato

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

甲子園を沸かせた金の卵は、プロ2年目に驚きの成長曲線を描いた。初勝利から一気にシーズンを駆け抜け、頂上決戦初陣のマウンドへ。挑戦、脱皮、成長、大志……。二十歳の右腕が充実の1年を語った。

 瑞々しい表情には、大舞台で戦う喜びが満ち溢れていた。二十歳で上がる日本シリーズ初戦の先発マウンド。口をすぼめて何度も息をつく姿に緊張感を漂わせながらも、奥川恭伸はまっすぐ喜怒哀楽を表した。

 1回、2死三塁のピンチにオリックスの4番・杉本裕太郎を打ち取ると、右手で勢いよくグラブを叩き頬を緩めた。5回2死一、二塁で吉田正尚の当たりがフェンスぎりぎりのセンターフライになり、右の拳をぐっと握りしめて吠える。そして1点リードの7回、代打・モヤに外角高めのスライダーを捉えられた途端、マウンドにしゃがみこんで悔しがった。

 7回97球6安打1失点。勝敗はつかなかったが、オリックスの絶対的なエースの山本由伸を向こうに、一歩も譲らなかった。怯まずにストライクゾーンで勝負する姿は、勇敢なエースそのものだった。

「2月のキャンプインの時、今の自分の姿は全く想像していなかったです。あの時はとにかく、今年はやってやるぞ! という気持ちだけ。去年はケガもあったので、とにかくスタートラインに立つんだ、という思いでした」

 一気にスターダムを駆け上がった1年を奥川は驚きとともに振り返る。プロ1年目の2020年は右ひじを痛め、投球できない時期が長かった。初めて一軍メンバーに選ばれた今年2月の沖縄・浦添キャンプは、先輩についていくのも必死だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1538文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

東京ヤクルトスワローズ
奥川恭伸

プロ野球の前後の記事

ページトップ